iOS版ATOKが遂にフラワータッチ入力に対応

本日3月28日のアップデートにより、iOS版ATOKにフラワータッチ入力機能が実装されました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

設定方法

フラワータッチ入力機能を使用するための設定方法を紹介します。

まずアップデート後にATOKアプリを起動します。ファイル_000

設定を選択します。ファイル_000

キーボードのスタイル、デザインを選択。ファイル_000

フラワータッチ入力(ジェスチャー入力)をONにします。

これで設定は完了、フラワータッチ入力が使えるようになりました。

使ってみた

さっそく使ってみました。ファイル_000

Androidでよく見慣れたUIです。賢い変換もそうですが、ATOKはやはりこれが無ければ!という人も多かったはず。

気になる部分

まだ少ししか触ってないので詳しいことはわからないのですが、一つ気になる点がありました。ファイル_000

「わ」を打つと下にフリックする領域が見えるのです。Android版と同じならここはフリック出来ないと思いますが「何かあるの?」と思ってしまいました。かなり細かい事ですが気になってしまったので。


私もこのiOS版ATOKのフラワータッチ入力は長らく待っていたので今回のアップデートはとても嬉しいです。しかし、Android版がどれくらいの期間で現在のようなアプリになったのか知らないのですが、iOS版は少し開発スピードが遅いようにも感じます。1500円とアプリとしては高額な部類なので、そこは改善していって欲しいとも思いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする