Quick Charge 3.0に対応したAukeyの5ポート超急速充電器PA-T15の外観と機能をチェック

p_20160406_150831.jpgAukey社のQuick Charge 3.0対応超急速充電器、PA-T15を入手しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォトレビュー

パッケージは非常にシンプル。

開封。内容物は取扱説明書、保証書、ACケーブル、MicroUSB ケーブル、ケーブルクリップ、そしてPA-T15本体となっています。p_20160406_151519.jpg

取扱説明書。ところどころおかしい箇所がありますが一応日本語に対応。意味は理解できるレベルなので特に問題は無いと思います。

PA-T15本体。上面と底面はマットな質感で、側面は光沢感のあるピアノブラック。ここはかなり指紋が付きます。底面にはQuick Charge 3.0対応のロゴとスペックが表記されており、このスペックもきちんと日本語で書かれています。

iPhone5と並べてみました。大きさは非常にコンパクトで、一般的なクレジットカードとほぼ同じサイズ。重量は152gでした。思っていたより小さく軽かったという印象。

全体的に高級感こそないですが、チープさも特に感じられません。しっかりとした作りだと思います。

使用感

p_20160406_152325.jpg

電源とはメガネ型の端子で接続。p_20160406_152408.jpg

オレンジ色の端子がQuick Charge 3.0に対応。残りの4ポートも最大5V7.2Aの出力に対応しているので対応機器を持っていなくとも使いやすいと思います。Quick Charge 3.0は後方互換性もあるので、今回はZenFone Zoomを充電してみました。ファイル_000 (17)

しっかりと高速充電ができています。

4台同時に接続してみましたが発熱は本体がほんのりと温かくなる程度、今のところコイル鳴き等もなく快適に使えています。

p_20160406_212451.jpg

意外と便利だったのが付属していたケーブルクリップ。複数のデバイスを接続するときにバラバラになるのを防ぐことができます。これが付属してくるというのは嬉しいところ。


現在Quick Charge 3.0に対応した製品をQualcommのサイトから調べてみたところ以下の3機種しかないことがわかりました。

2016-04-06

しかしHP Elite x3については法人向けとなっているため、個人で使えるのは2機種しかありません。Quick Charge 2.0は段々と普及してきているので、今後の各メーカーのフラッグシップ機などで対応端末が増えることに期待です。

このPA-T15に搭載されているQuick Charge 3.0は後方互換性によりQuick Charge 2.0、1.0対応の機種にも高速充電が可能ですので今後を見据えて持っておくのも悪くない選択だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする