国内初のAndroid Oneスマートフォン「507SH」がY!mobileから登場。Android OneとNexusシリーズの違いとは?

ソフトバンクのY!mobileブランドから国内初のAndroid Oneスマートフォン「507SH」が発表されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペック

color00スペックは以下の通り

OS Android 6.0
解像度 5インチ、720×1280ドット
サイズ 約71×142×8.8mm
重量 約135g
CPU Snapdragon 617(MSM8952)
1.5GHz+1.2GHz(オクタコア)
RAM 2GB
ROM 16GB、microSDXC(最大200GB)
4G対応周波数 2.1GHz/1.7GHz/900MHz/AXGP
VoLTE
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
カメラ リア:約1310万画素/イン:約500万画素
バッテリー 3010mAh
FeliCa ×
NFC
ワンセグ
防水/防塵 ○(IP5X)/○(IP8X/IP5X)
連続待受時間(LTE/3G) 約745時間/約875時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1220分/約1220分
カラバリ スモーキーブルー、ブラック、ホワイト

image06  防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)、ワンセグなどAndroidならではの機能にも対応。Android Oneスマートフォンということで、発売から18カ月間、最低1回のOSバージョンアップと最低2年間のセキュリティアップデートが保証されています。また、メーカー製の独自アプリや独自ホーム画面などは無く、Nexusシリーズ同様純粋なAndroidを搭載しているというのも特徴です。

しかしそうなってくると、Android OneとNexusシリーズにはどのような違いがあるのか気になります。簡単にですが、調べてみました。

Android OneとNexusシリーズ

nexus_5_3d

Android Oneとは2014年にインドで始まった、各国のメーカーと協力してAndroid搭載スマートフォンを開発するというプログラム。元々は新興国において安価なAndroid搭載スマートフォンを提供することを目的にプログラムがスタートしました。しかし現在では、新興国に限らず各国のニーズに合わせたスマートフォンを開発するという方向に向かっているようです。つまり今回の「507SH」で言えば 防水、防塵、ワンセグ対応などが”日本のニーズ”ということでしょう。

Nexusシリーズとの大きな違いは、端末の開発、販売、サポートなどは全てメーカーが主体となって行われること。Nexusシリーズは全てGoogleが主体となっているのに対して、Android OneではGoogleとメーカーの両方が主体となり、販売やサポートについてはキャリアやメーカー、今回の例で言えばソフトバンク(Y!mobile)とシャープが主体となるようです。

また、”日本のニーズ”に合わせたと言いながらおサイフケータイには非対応ですが、OSのアップデートに対応できない可能性があることから見送られたようです。うーん、残念ですね。


価格はまだ明かされていませんが、実質負担額は2万円程度になるとの見込み。次期Android N(ヌガー)への対応も決まっており、最新のAndroidを使いたいユーザーにとってはNexus以外の選択肢が増えた形になります。発売は7月下旬になる予定です。

Y!mobileの「507SH, Android One」のページです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする