JOBYのミニ三脚、ゴリラポッド マグネティックの実力をチェック

 JOBY社製の有名なカメラ用ミニ三脚「ゴリラポッド」の足先にマグネットが付いたタイプを購入してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開封

ゴリラポッド

思ったより立派なパッケージに入っていました。

ゴリラポッド

出してみました。しっかりとぐにゃぐにゃです。

ゴリラポッド

先の赤い部分にかなり強力な磁石が組み込まれています。先が平らになっているのがポイント。

ネジ下の部分にあるつまみをロック解除の方向に動かし、

ゴリラポッド

後ろの「JOBY」ロゴを押しながらネジをスライドさせることで

ゴリラポッド

こんな風に外すことができます。このクイックシューをあらかじめカメラに装着しておけば、撮りたい時に素早くカメラをゴリラポッドにセットできます。

 使ってみた

実際にカメラをセットしてみます。

ゴリラポッド

試してみたカメラはオリンパスの STYLUS XZ-2。重さ345gです。ゴリラポッド

金属製のディスプレイアームにくっ付けてみました。思ったよりかなり安定しています。

もちろんスマートフォン用ホルダーを使うことでスマートフォンを固定することもできます。


マグネット部分が丸ではなく、平らになっていることでより接地がしやすくなっており、脚を3本しっかりと接地させれば横向きでも十分な安定感が得られます。ただし脚の向きや形はバランスを考えないとズルズルと落ちていくので、気を付けなければいけないところ。

通常のゴリラポッドの良さはそのままに、マグネットによって固定できる範囲がさらに広がったかなり遊べる楽しい三脚だと思います。手持ちでは撮ることの難しい角度の写真や動画を撮って、SNSに上げるのもよさそうです。