Xiaomiが「Mi Notebook Air」を引っ提げてノートPC市場への参入を発表。

Xiaomiは7月27日、初のノートPCになる「Mi Notebook Air」を発表しました。搭載OSはWindows 10で13.3インチと12.5インチの2モデル。価格は13.3インチモデルが4999元(約7万9000円)、12.5インチが3499元(約5万5400円)とコストパフォーマンスの高さが光る一台になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特徴

xiaomi

筐体はアルミニウムで外側にロゴはなく、開いて初めてMiのロゴが顔を出します。全体的に非常にスッキリとした外観です。

13.3インチモデルのスペックは、CPUが第6世代Core i5、GPUはNVIDIAの940MX。RAM8GB、SSD256GB。12.5インチモデルはIntel Core-Mプロセッサ、RAM4GB、SSD128GB。

インターフェースはType-C USB充電、USB 3.0端子2基、HDMI端子、3.5mmオーディオ端子と拡張性も十分。

13.3インチモデルの重量は1.28kg、12.5インチ重量は1.07kgと比較的軽量な部類。

また、Xiaomi独自のクラウドサービス「Mi Cloud Sync」でのスマートフォンとの同期や、ウェアラブルデバイスの「Mi Band」でのアンロックに対応。その機能やデザイン、名前、スペックからも相当MacBook Airを意識していることがうかがえます。


今のところMi Notebook Airは中国のみで正式に販売される予定。シンプルな外観とコストパフォーマンスの高さなど魅力的なノートPCであるため、今後のグローバルに向けた展開が気になるところです。

公式ブログは以下から。(英語です。)

Dear MIUIers,Today is a big day, Xiaomi introduced Redmi Pro with Mi Notebook Air on 27th July Mi Product Launch in Beijing. Xiaomi launched its first-ever la ....

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする