初めての格安スマホにぴったりな「ZenFone Go」にVoLTE対応のアップデートが配信開始

約2万円で購入できる人気のエントリークラスSIMフリースマートフォン「ZenFone Go」に最新FOTAアップデートが配信されました。このアップデートにより、ZenFone Goでau VoLTE対応SIMカード、mineoのAプランやUQ mobileのようなau系のMVNOでもZenFone Goが使えるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZenFone Goについて

ZenFone Goは約2万円台の価格ながらクアッドコアのSnapdragon 400、2GB RAM、5.5インチ(1280×720ドット)のディスプレイ、800万画素のカメラなど必要十分な性能を備えた端末。スマホにこだわりがなく、一般的な使い方しかしない場合はZenFone Goのスペックでも十分。余分な性能を価格と一緒にギリギリまで削ぎ落したスマートフォンと言えます。

そんなZenFone GoがVoLTEに対応。ZenFone Goの対応バンドは

Band1/3/5/6/7/8/9/18/19/28

であり、au系のMVNOが使っているLTEバンドは、Band1、Band11、Band18、Band26。ZenFone GoはBand1とBand18に対応しているので、au系のMVNOでも普通に受信は可能で、VoLTEへの対応によって、VoLTE対応のau系のデータSIMと音声SIMを使うことができるようになります。

また、このファームウェアのアップデートを受けて、UQ mobileがZenFone Goの取り扱い開始を発表しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする