IFA2016でZenWatch3が発表。新たに円形ディスプレイと3つの物理ボタンを搭載

ASUSはIFA 2016にて開催された「Zenvolution」にてZenWatchシリーズの最新モデルZenWatch3を発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特徴

zenwatch3

ZenWatch3はこれまでのスクエア型のディスプレイから円形のディスプレイへとデザインが変更されました。1つだった物理ボタンも3つに増えたことでより素早く快適な操作性が実現したとのこと。小さい画面をタッチで操作する場合、どうしても指が画面を覆ってしまい操作しにくくなるのがこれまでのスマートウォッチの弱点でした。その点、ZenWatch3の3つのボタンによる操作はそのような欠点を解消した大きな魅力と言えます。

筐体は316Lステンレスと呼ばれる頑丈な素材になり、 IP67レベルの防水・防塵に対応。400 x 400の1.39インチディスプレイ、最新のSnapdragon Wear2100プロセッサー、15分間の充電で約60%まで充電できるHyperCharge機能を搭載しています。zenwatch3のカラバリ

カラバリは、ローズゴールド、ガンメタル、シルバーの3色。zenwatch3

マグネットで接続する充電器、スタンド、バッテリーパックと3つも専用のアクセサリが用意される充実ぶり。特にスタンドなどはサードパーティ製ではアップルウォッチ用以外の製品は数が極端に少ない印象でしたので、純正品があるのは嬉しいところ。

既にYouTube上で動画も公開されています。