iPhone7/7 Plusの機能まとめ。デュアルレンズカメラ、5色展開、イヤホンジャック廃止、FeliCa搭載など概ね噂通りの内容

日本時間の9月8日午前2時から行われていたAppleによるスペシャルイベント内で、期待されていた新型iPhone、「iPhone7」「iPhone7 Plus」が発表されました。以下に主な特徴をまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特徴

これまでのiPhoneシリーズからの主な変更点は以下。

  • 新プロセッサ「A10」を搭載
  • f1.8のレンズ、光学手ブレ補正(iPhone7 Plusは更にデュアルレンズカメラ、光学2ズーム)などカメラ性能の向上
  • イヤホンジャック廃止。Lightningからイヤホン端子への変換アダプター。
  • ステレオスピーカー搭載
  • FeliCa搭載。Suicaに対応
  • Force Touch機能を搭載したホームボタンへ変更
  • アンテナライン(いわゆるDライン)が背面から上下の淵へ
  • 最小モデルの容量が32GBに、最大は256GBに変更
  • 黒が2種類となり全5色展開に
  • IP67の防水・防塵に対応

噂通りイヤホンジャックが廃止となりました。イヤフォンジャック廃止

充電しながらイヤホンを使うにはBluetoothに頼る必要があり、従来のイヤホンは全てアダプターを使わなければいけません。僅かな薄型化と防水性能の向上のための決断だったのかもしれませんが、個人的には正直あまりうれしい変更点ではないですね。EarPods

ちなみにイヤホンからLightningへの変換アダプターとLightning端子に接続して音楽が聞けるEarPodsは同梱されるとのこと。AirPods

リークされていたワイヤレスイヤホン、AirPodsも登場。特になんてことのないイヤホンですが、箱を開けるだけでiPhoneにポップアップが表示され、接続が完了できます。2016-09-08_03h23_49

ちなみにiPhone本体は初のステレオスピーカーを搭載しています。

カメラ性能については、f1.8のレンズ、光学手ブレ補正、イメッジプロセッサーの一新、RAWデータ対応など一番気合が入っています。デュアルレンズカメラ

iPhone7 Plusは、デュアルレンズ搭載機としてはHuawei P9やLG G5などが既に存在し、少々出遅れた感は否めません。個人的に注目したいのがズーム機能で、デュアルレンズによって光学2倍ズームが可能に。さらにデジタルズームもより綺麗になっているとのこと。レンズの飛び出さない光学ズームが可能なスマートフォンとして話題になったZenFone Zoomとの差も非常に気になるところ。

また、FeliCaの搭載については、待ち望んでいた日本ユーザーも多いと思います。felica suicaひとまずApple PayがFelicaに対応。Suicaについては10月の後半にサービス開始予定とのこと。モバイルSuicaがついにiPhoneで利用できるとなれば、Androidから移行しようと考えるユーザーも少なくはないでしょう。しかしその他のサービスに向けてFeliCaが解放されるかは今のところ不透明です。


今回のiPhone7/iPhone7 Plusの発表は全体的にリークが優秀過ぎたのかあまりインパクトは無いように感じられました。イヤホンジャック廃止は大きな決断だったと思いますが、Lightningへの統一はイマイチというのが正直なところ。FeliCa対応や防水などはiPhoneユーザーにとっては嬉しいことだと思いますが、Androidでは一般的であり若干「後追い」感のようなものも感じてしまい、それならIP68にも出来たのではないかとも考えてしまいます。

しかし今までのiPhoneからの進化という面ではやはりカメラが強力で、特にデュアルレンズの威力は是非体感してみたいとも感じさせられました。

価格はiPhone7が649ドルでストレージは32GB/128GB/256GB。iPhone7 Plusが769ドルでストレージは32GB/128GB/256GBとiPhone7同様。発売日は9月16日で、予約開始は9月9日からとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする