RoiCielのナイロン編みLightningケーブルレビュー。断線対策におススメ

Lightningケーブルは根元の部分が断線しやすく、私も何度もケーブルを買い替えていましたが、今回その対策として高耐久ケーブルを購入しました。

今回購入したのはRoiCiel(ロイシエル)というメーカーの高耐久Lightningケーブル。ケーブル類はAnkerやAmazonベーシックの認知度が高くなり主流になりつつありますが、それに負けないくらいの品質とコスパの良さを感じたので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルミ外装でデザインも良し

ロイシエル パッケージ

開封

ケーブルを取り出したところ。長さは1mの物を購入しました。ナイロンが編み込まれており純正のケーブルと比較してもかなり固く、絡まる心配もなさそうです。

Lightning側にロゴが入っています。USB、Lightning端子両方ともアルミ製で、強度が十分であると同時にシックなデザインになっています。質感はかなり高いと言えます。

断線しやすい根元の部分

iPhoneに接続してみたところ。一番断線しやすい根元の部分もしっかりと覆われており、千切れそうになる気配は全くありません。かなり心強いです。


Apple MFi 認証を取得しているのでエラーが出ることもなく、2.4Aでの充電にも対応しているのでiPadにも使える、マイナーなメーカーの製品ですが十分な性能を兼ね備えています。

ウリである耐久度については使い込んでみなければわからない部分はありますが、少し使ってみただけでも折れ曲がりに強いことがわかり、通常使用環境ではそうそう簡単には断線しそうにないと感じました。

価格は現在999円。もっと安い製品は多くありますが、数百円の上乗せで断線のイライラを解消できるのならば買いな製品だと思います。