Microsoft初の一体型PC「Surface Studio」発表。ペン・タッチ入力に対応し、独自のヒンジにより巨大な液タブのような使い方も

Microsoftが10月26日に開催した新製品発表イベント内で、かねてから噂されていた一体型デスクトップPC「Surface Studio」が正式に発表されました。

最大20度まで寝かせられる独自の構造のヒンジによってディスプレイが20度まで寝かせられるのが特徴で、従来のSurfaceシリーズ同様にSurfaceペン・タッチ入力に対応しており、まるで巨大な液晶タブレットのように使うことが可能なクリエイター向けモデルと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Surface Studioのスペック

Surface Studioのスペック

Surface Studioは28インチの4500×3000という圧倒的解像度のディスプレイを搭載。スペック別に3モデルがラインアップされ、第6世代Core i5、8GBメモリー、GeForce GTX 965M(2GB)、1TBハイブリッドドライブ(SSHD)のモデル、第6世代Core i7、16GBメモリー、GeForce GTX 965M(2GB)、1TBハイブリッドドライブ(SSHD)のモデル、第6世代Core i7、32GBメモリー、GeForce GTX 980M(4GB)、2TBハイブリッドドライブ(SSHD)のモデルとなっています。特に最上位モデルは4GBのGDDR5採用をしたGeForce GTX980Mを搭載しており、一体型でありながら高性能なデスクトップマシンにも引けを取らないスペック、処理性能と言えます。

近未来的なデバイス、Surface Dialも登場

Surface Dial

10月26日に開催した新製品発表イベントでは、Surface Studioと共にダイヤル式の新たなデバイス「Surface Dial」も発表されました。Surface Dial手のひらサイズで短い円柱形のSurface Dialは机の上に置いた状態で使うこともできますが、Surface Studioのディスプレイ上で使うことで真価を発揮するようです。Surface Studioのディスプレイに取り付けたSurface Dialは、ダイヤルを回すことでカラーをスムーズに変化させたり、画面を回転させたり、クリエイターに不可欠な直感的な操作を手助けするようです。


クリエイター向けの一体型PCとしてはAppleのiMacが有名ですが、Surface Studioは単純に「Windows版iMac」とは言えないぐらいのポテンシャルを秘めているように感じます。iMacユーザーはMac OSそのものに魅力を感じている人も多いので、単純に比較することはできませんが、有力すぎるライバルとなることは間違いないでしょう。

Surface Studioの価格はCore i5モデルが2999ドル(約31万円)、Core i7、16GBメモリーモデルが3499ドル(約36万円)、Core i7、32GBメモリーの最上位モデルが4199ドル(約43万円)となっています。Surfaceペン、キーボード、マウスが付属し、12月15日にアメリカで発売予定です。