【レビュー】光沢液晶のZenBook3にPDA工房の反射低減保護フィルムを貼ってみた

発売日にゲットしたZenBook3を早速使ってみているところなのですが、光沢液晶ならではの蛍光灯の反射などが少し気になったため、PDA工房の反射低減保護フィルムを購入してみました。

ZenBook3の開封レビューはこちらから。

ASUSのMacBook対抗12.5型モバイルノートPC「ZenBook 3(UX390UA-256G)」、Core i5モデルを購入しまし...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

反射低減保護フィルムを貼る

光沢液晶

まずは何も貼っていない状態のZenBook3のディスプレイ。画面が暗いと鏡のように反射するため仕方なしにこの角度からの写真になります。

ZenBook3 yx390-ua用アンチグレアフィルム

こちらがPDA工房の反射低減保護フィルム。貼り方が書いてある紙が2枚と保護フィルム1枚が入っていました。

フィルムを貼った後

反射低減保護フィルムを貼った後に、同じアングルからディスプレイを撮影してみました。何も貼っていないときと比較して光沢が減り、反射して見える自分の体もはっきり見えずぼんやりしているのがわかります。

照明の反射も低減

電源を入れた状態も確認してみました。何も貼っていない状態よりは発色が地味目になりますが、十分綺麗に感じます。また、わざと右側に照明を置いてみましたが、さすがに反射してしまっています。しかしギラギラとした反射ではなく多少やわらいでいるように見えるので、十分目に優しくなったかなと思っています。


今回使ってみたPDA工房のZenBook3用反射低減保護フィルムですが、貼る対象がスマートフォンやタブレットではなくノートPCだっため、綺麗に貼るのに少し手こずりました。ZenBook3に貼った直後には大量の気泡が発生してしまいましたが、混入したホコリをマスキングテープでとりつつ、気泡を少しずつ外側に追いやることで最終的に綺麗になりました。

一応この商品は一般的なアンチグレアフィルム同様に反射低減の他に防指紋効果もあるようです。しかし試しに触ってみたところそこそこ指紋が付くように感じたので、タッチパネルではないとはいえ過信しない方が賢明かと思われます。触り心地はサラサラとしているので、何も貼らないよりはマシ程度といったところ。

もちろん一番の目的であるギラギラとした反射を和らげるという点では十分な効果があったので、光沢が気になる方は購入してみてはいかがでしょうか。