6.8型液晶搭載のファブレットZenFone 3 Ultraが12/9より販売開始。価格は59,800円から

ASUS JAPANは本日、ZenFone 3シリーズの新モデルとなる6.8型ファブレットZenFone 3 Ultra(ZU680KL)を発表しました。カラバリはグレー、ローズゴールド、シルバーの3色で、価格は税別59,800円、12月9日からの販売を予定しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)スペック

ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)のスペック

ZenFone 3 UltraはOSにAndroid6.0.1を搭載。基本スペックはプロセッサーにオクタコアのSnapdragon 652、Gorilla Glass 4を用いたフルHD(1,920×1,080ドット)6.8型液晶、RAMが4GB、ストレージが32GBといった構成。2,300万画素の背面カメラは4K撮影に対応し、光学式手振れ補正(OIS)と電子式手振れ補正(EIS)の両方が搭載、さらにレーザーオートフォーカス、像面位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスという3種類の技術が1つに統合された「TriTech(トライテック)オートフォーカス」と呼ばれる技術を搭載していて、相当力が入っていることがわかります。

また、ハイレゾにも対応しており、付属のイヤホンZenEarでハイレゾ音源を楽しむことも可能。

マルチキャリア・au VoLTEにも対応で、ZenFone 3同様に4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にももちろん対応しています。

バッテリー容量は4,600mAhでQualcommのQuick Charge 3.0に対応。45分で約60%までの急速充電が可能になっています。また、ZenFone MaxのようにZenFone 3 Ultraから他の端末を充電できるリバースチャージ機能も搭載し、モバイルバッテリーのような使い方もできるそうです


4K撮影やハイレゾなど目玉機能は複数ありますが、特徴はやはり6.8型というサイズ感でしょうか。筐体もアンテナラインの見えないメタルボディということで高級感があり、所有欲が満たされそうです。スマートフォンとしてはかなり大型で、ファブレットと呼ばれる部類の端末だと思いますが、いわゆる「ズルトラ難民」の方々には刺さる端末なのではないでしょうか。

Amazonでチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする