4,100mAhバッテリー搭載のZenFone 3 Max(ZC520TL)発表。税込21,384円で1月中旬に発売

ASUS Japanは12月14日、4,100mAhのバッテリーを搭載したZenFone 3 Max(ZC520TL)を正式に発表。1月中旬に発売予定であるとしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZenFone 3 Max

zenfone 3 max

ZenFone 3 Maxは今年3月18日に発売された5000mAhの大容量バッテリーを搭載のZenFone Maxの後継機種。前作のフェイクレザーの質感は好きだったのですが3 Maxではメタルフレームに2.5Dガラスパネルと今時らしい仕様になりました。

5.2 インチ(1,280×720)のHDディスプレイ、プロセッサはMediaTek MT6737M、RAMは2GB、ストレージは16GB、背面には指紋センサー、注目のバッテリー容量は4,100mAhとなっています。OTGケーブルで自身をモバイルバッテリーのようにして他のUSB機器を充電するリバースチャージ機能も引き続き搭載。前作のZenFone Maxが5.5インチであるのに対しZenFone 3 Maxは5.2インチと小型化、その分バッテリー容量は5000mAhから減った形になりますが、解像度や全体的にロースペックであることから十分な大容量と言っていいでしょう。カメラは背面1300万画素、前面500万画素を備えます。

デュアルSIM対応ですがZenFone 3とは違い、4G+3Gの同時待ち受けには非対応。au VoLTEにも対応はしていません。ここら辺はエントリーモデルだからといったところでしょうか。

発売は来年の1月中旬を予定しており、価格は19,800円(税込21,384 円)となっています。

Amazonでチェック