LINEモバイル、2月1日以降SIMカード発行手数料432円が追加

LINEモバイルは1月10日、これまで登録事務手数料3000円のみであった「LINEモバイル」の初期費用にSIMカード発行手数料432円を追加すると発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイルのSIMカード発行手数料

LINE公式ブログによると、この手数料はNTTドコモ側がMVNOに対して設定しているもの。昨年の8月辺りにNTTドコモの約款が変更されSIM発行手数料を394円をMVNOから徴収するようになったためそれ以降他のMVNOのサービスにも影響が出ていました。これまではLINEモバイル側がこの費用を負担していたようです。

2月1日以降の申し込み分からSIMカード発行手数料が発生となっていますが、1月中に申し込み手続きを開始しても受付完了のメールが送付されたタイミングが2月1日を過ぎていた場合はしっかりと432円を徴収されるので注意が必要。本人確認書類アップロードに免許証を撮影して送る場合、反射などで少しでも見にくい部分があるとすぐに弾かれてしまうため(私も1度弾かれてます)申し込み手続きは余裕を持って開始した方が良さそうです。また、Amazonで販売しているエントリーパッケージからでも同様に2月1日以降の受付完了であれば手数料が発生します。

LINEモバイルはキャリア並みの速度を叩き出す現状かなりおススメできる格安SIMですので、検討している人は早めの申し込みを。

LINEモバイル

LINEモバイルについてはこちらも。

日本で圧倒的なシェアを誇るSNS、LINEがMVNO事業「LINEモバイル」を開始し話題になっています。先行販売された時から私も契約しており...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする