UQ mobileを無料で試せる「Try UQ mobileレンタル」利用レポート

格安SIMという言葉もすっかり広まってきており、興味があるという人も大勢いるかと思いますが、実際に自分が格安SIMに乗り換えるとなるとあと一歩前に踏み出せないという方も多いと聞きます。理由としてはやはり安い=通信速度が遅い・繋がらないのではないか、という実際のところの使用感はどうなのかわからない不安があるからでしょう。そんな中au回線を利用する格安SIMであるUQ mobileは、約2週間UQ mobileのSIMが刺さった端末を無料で貸し出して実際のところを体験してもらうというサービス「Try UQ mobile レンタル」を展開しています。今回は実際にこの「Try UQ mobile レンタル」に申し込んでUQ mobileを体験し、速度計測などを行ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

申し込み

中段にある申し込みボタンをクリック。

この段階では「仮登録」となります。もろもろに目を通して同意するチェック、申し込むをクリックです。

メールアドレスと電話番号を入力し仮登録を完了させます。この後入力したアドレスや電話番号あてに「仮登録完了メール」と「開通コードのお知らせ」が届きますので、そこに記載されているURLから本登録を行うという流れになります。

登録画面のスクリーンショットを紛失してしまったので言葉での説明になりますが、入力が必要な項目は、発送に必要な住所などの個人情報の他に、クレジットカード情報、Try UQ mobileの利用目的、そして貸出希望端末などです。ちなみに現在Try UQ mobileでレンタルできる端末は以下の通り。

在庫状況によって希望に添えない場合があるみたいですが、最新のHUAWEI P10 liteが試せるのは嬉しいポイント。

また、Try UQ mobileは完全無料で利用できますがクレジットカードが必須となっています。レンタル機器の紛失や破損があった場合申し込み時に登録されたクレジットカードに請求されるためとなっていますが、そもそもUQ mobileが契約にクレジットカードが必須となっているため、クレジットカードを所有していない=客にならない層をはじく意味もありそうです。Try UQ mobileというサービスは端的に言ってしまえば数日間無料でネットが使えるサービスなのでここら辺はしっかりとしておかないと悪用されかねないので仕方ないですね。

端末が到着。速度計測

申し込みから数日でこのようなピンクのパッケージが到着しました。

中身。端末が入っている黒の梱包の他に返送用の着払いの伝票、使用前・返却時の確認事項が記載されたカード、そしてキャンペーンのチラシが入っています。

端末の入っている箱を開けてみたところ。

中に入っていたのはHUAWEI P10 lite、純正のケーブルとACアダプタ、クイックスタートガイドです。レンタルする端末を選択することはできますがカラーは到着するまでのお楽しみ。今回はパールホワイトでした。

早速初期設定をして外に持ち出します。気になるのはやはり速度だと思いますが、一般に回線が込み合うと言われているお昼の時間帯で下り7.87Mbpsという結果に。この時間帯にこれだけの速度が出ていればまず不満はないといったところ。数日間時間帯を変えて何度か測定してみましたが、10~11時が一番早く、下り60Mbps程度がコンスタントに測定されて正直かなり驚きました。私の唯一のキャリア回線であるソフトバンクよりも速度が出ていることも多々あり、かなりのポテンシャルを感じる結果となりました。

もちろん速度測定などの通信品質だけじゃなく端末の使い心地もしっかり試せます。特にiPhoneユーザーでAndroidに触れたことが無く不安という方でも、思う存分試すことができるので自分に合うかどうかを見極めるには十分ではないかと思います。

十分に端末・回線を使い倒した後はしっかり返却。返却前には端末の初期化を行いましょう。手順は付属してくるカードに書いてありますので初心者でも問題なく行えると思います。

まとめ

格安SIMは3大キャリアと比較して使う時間帯や地域によってその通信品質のバラつきが大きいもの。なので実際に自分が生活する場所・時間に試すことができるTry UQ mobileは実に効果的で便利なサービスだと感じました。端末をレンタルできる期間は端末が到着してからではなく申し込み完了後の発送通知が届いてから15日間なので、余裕をもって返却することを考えると実質1週間ちょっとですが、自分の生活に合うのかどうかを判断するのに足りないということはありませんでした。ネット上にも格安SIMの情報は数多くありますが、それらを読み漁るよりも実際に試してみる方が手っ取り早く確実だと思いますので、気になる方は是非体験してみてほしいです。

UQ mobile

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする