honor9ついに日本発売か。HUAWEIがTwitterでティザー画像を公開

HUAWEIの日本公式Twitterアカウントが10/10に新製品発表会を行うことをアナウンスし、それに伴うティザー画像を公開しています。

ツイート内の画像にはブルーの端末の側面、「デザインと機能の融合」の文字が見られ、そしてハッシュタグは”若者達よ次はHUAWEIだ”となっています。15層からなるマイクロパターンによる独特のデザインやHUAWEIが打ち出してきたシリーズの中でも特にカジュアル向けとされていることからもおそらくhonorシリーズの最新モデルhonor9の国内発売の発表とみていいかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

honor9のスペック・特徴

honor9の主なスペックは、

  • OS: Android 7.0 (EMUI 5.1)
  • ディスプレイ: 5.15インチフルHD
  • プロセッサー: Kirin 960
  • RAM: 4GB / 6GB
  • ROM: 64GB / 128GB
  • カメラ: 背面 2000万画素モノクロ + 1200万画素/前面 800万画素
  • SIM: nano SIM x 2 (1つはmicroSDと排他)
  • バッテリー:3200 mAh

画面サイズとカメラのライカブランドを除いたスペックはP10やMate9と似通っているところが多いですね。

特長はhonor8から引き続き何層にも重ねられたマイクロパターンによる独特の反射が美しいデザイン。

また、前作honor8と比較すると背面の左右がわずかにラウンドしているようで、ツルツルとして落としやすいガラス筐体ゆえに持ちやすさを考慮したといったところでしょうか。

他にhonor8から進化したポイントはMate9などに実装されていたハイブリッドズームに対応したこと。これは1200万画素での撮影時に2000万画素のモノクロセンサーの画像を切り出すことで画質劣化を最小限に留めてズームするというもので、光学ズームとは異なるためテレマクロのような使い方はできないものの画角の調整が比較的自由に効くため撮影の幅が広がる非常に楽しい機能です。

ちなみにMateシリーズやPシリーズと違いデュアルカメラでありながらライカブランドではないという点はhonor8と同様。出てくる写真からライカであることを読み取ることはほぼできないと言っていいためあまり気になる部分ではないでしょう。


一応まだhonor9かどうかはハッキリしていないんですがおそらくそうだろうということで。honor8は楽天モバイル専売でしたが、もしこれがhonor9であるならばその辺りももう少し融通が利くと嬉しいですね。

昨年のhonor8は明らかにASUSのZenFone 3にぶつける形での発表・発売という流れでしたが今年はZenFone 4に先を越されています。時期的に無理やりこじつけるのであればモトローラのMoto G5S Plus辺りですが今年はそういったギラギラとした戦略的な雰囲気ではなさそうです。

とにかく正式な発表まではあと5日もあるわけなので楽しみに待つばかりです。

10/7追記

Edyチャージアプリの対象端末の中にhonor 9が堂々と載っていました。これでほぼ間違いないと言っていいでしょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする