デジタルアルキミストのZenFone 4用ガラスフィルムはサイズが小さすぎて残念

先日レビューしたZenFone 4用にガラスフィルムを探していて、何となく聞いたことのあったデジタルアルキミストの製品を購入してみたのですが、これが大失敗でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイズを測ったのか疑いたくなる小ささ

まずは付属品から。ガラスフィルムと貼り方の説明書、ホコリ取りシール、アルコールパッド、クリーナーが入っており標準的です。

説明書は日本語ですし比較的丁寧で親切。

ガラスフィルムに付いている剥離フィルムもわかりやすくてありがたいです。たまに剥離フィルムが貼ってるのかどうかすら見えないものもあるのでここも親切です。

ということで早速貼ってみたのですが、位置合わせの段階で既に嫌な予感がして貼ってみたら案の定こんな感じ。ちなみにAmazonの製品情報には

ケースと相性が良い設計 ※全面保護設計では御座いません。 液晶画面より約2mm小さい設計です。

との記載が見られます。しかしこれはどう見ても2mmどころではないです。一体どんなケースを想定しているのでしょうか。

様々な角度からみたサイズ感のおかしいガラスフィルム。実測でだいたい4~5mmくらい小さく作られています。最近のディスプレイは端が丸くなっているため全面を覆うことができずわずかに余ってしまっているのはよく見かけますし理解できるのですが、これはさすがに笑ってしまいました。自分がモデル違いの製品を選んでしまったかとも考えましたが製品ページはZenfone4 ZE554KLとなっていますし、指紋センサーやスピーカーなどの位置はしっかりと正しく開けられているので、なぜこんなことになっているのか謎が深まるばかりです。

フィルムを貼り終えてからAmazonのレビューを読んでみると1件だけこのことに触れているレビューがあったのでしっかり読んでおけばと少しだけ後悔。しかしそんなに高い買い物でもないですしスマートフォンアクセサリーではわりとありがちなことなのでまあ仕方ないかといったところ。

ZenFone 4はまだ日本では発売して日が浅いですし、アクセサリ類がもっと出揃うまで待ってみるのが賢明でしょうか。個人的にはこのブログでも何度か紹介しているfarfallaのガラスフィルムが指紋の付きにくさと指滑りの良さから好みなのですがどうやらZenFoneシリーズ用の製品が無くなっているようなので期待はできないかもしれません。

サイズが極端に小さいことを除けば画面の保護はできてはいるので、良いガラスフィルムに出会うまではとりあえずこのまま使っていきます。