honor9、10/12に日本発売。価格は税抜き5万3800円

本日10/10に開催されたHUAWEIの新製品発表会にて、昨年発売されたhonor8の後継に当たるhonor9が正式に発表されました。価格は税抜き5万3800円で10/12に発売となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

honor9

海外では既に発売されていたhonor9ですが、RAMとROMが4GB/64GB、6GB/128GBなど複数のモデルが存在しており、今回日本で発売となったのは4GB/64GBのモデル。その他の主なスペックは

  • OS: Android 7.0 (EMUI 5.1)
  • ディスプレイ: 5.15インチフルHD
  • プロセッサー: Kirin 960
  • カメラ: 背面 2000万画素モノクロ + 1200万画素/前面 800万画素
  • SIM: nano SIM x 2 (1つはmicroSDと排他)、DSDS対応
  • バッテリー:3200 mAh

といった感じで、大体同社のフラッグシップP10を踏襲した形になっています。P10やMate9と異なる点でわかりやすいのはカメラがライカブランドではないこと。デュアル仕様で画素数は一緒ですがモジュールから異なるのかOIS(光学手ぶれ補正)は非搭載となっています。

一応HUAWEIのスマートフォンのシリーズとしてはカジュアル志向で、フラッグシップ級の端末からいろいろと削ぎ落して価格を抑えているhonor9ですが、一方で地味に強化されているのはオーディオ周辺。ここら辺は発表前にHUAWEIの公式Twitterが付けていたハッシュタグ”#若者達よ次はHUAWEIだ”からもわかるようにターゲットとなる世代を絞り込んで狙い撃ちしている機能ですね。私を含めガジェット好きは何でも買ってしまうので意識しませんが結構戦略的に意味のあることなのでしょう。

また、前作honor8同様美しいデザインもhonor9の魅力の1つ。何層にも重ねられたマイクロパターンによって生み出される連続的で複雑な反射光はそれだけで買う理由になってしまいます。honor9では指紋センサーが以前の背面から前面下部へ移ったことで背面がカメラ部分を含め完全にフラットになったため、デザインとしてより洗練された印象です。

カラバリはサファイアブルーとグレイシアグレーの2色が基本となりミッドナイトブラックが楽天モバイル限定で用意されるため全3色でどれもなかなか魅力的。

前作honor8が楽天モバイル専売であったのに対してhonor9はIIJmio、イオンモバイル、gooSimsellerなどでも取り扱われることがわかっています。価格は税抜き5万3800円と大方の予想に反する高めな設定になっていますが、honor8の低価格は楽天モバイル専売だったからこその部分も大きいのでここは各取扱業者の値引きに期待するしかありません。今のところは楽天モバイルが3年契約という縛りが付くものの2万円引きの33,800円という価格を出しています。個人的にはgooSimsellerには期待したいですが、honor8を知っている人やMate9やP10と比較できる人達を満足させられるような価格になることはないとも思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする