Googleアシスタントを搭載したSONYのスマートスピーカー「LF-S50G」が12/9発売

SONYは、Googleアシスタントを搭載し時刻表示やジェスチャー操作に対応したスマートスピーカー「LF-S50G」を12月9日より発売します。価格は約25,000円前後でソニーストアなどで販売される他Amazonなどでも既に予約を開始しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SONY製スマートスピーカー「LF-S50G」の特徴

「LF-S50G」はGoogleアシスタントを搭載しておりGoogle Homeとほぼ同じように使うことができるスマートスピーカー。AmazonのAlexaを搭載したスマートスピーカーをAnkerが発表していましたがイメージとしては同じでしょう。

Google Homeと同様にGoogle Play Music、Spotify、radikoなど対応サービスの再生のほか、通常のBluetoothスピーカーとしての利用も可能となっています。

前面にはデジタル時計を表示。もちろん「OK, Google」と呼びかけることで時間を知ることはできますが、時計をチェックするのにGoogleアシスタントを利用するのは無理やり用途を作り出している感じがしていてあまり好みではありませんでした。普段の生活を考えてもやはりこっちの方が便利そうです。

SONY製ということで音質も重視されており、音がこもりがちとの評価が多いGoogle Homeとはその点でしっかりと差別化。まだまだ発展途上でできることの少ないスマートスピーカーにおいて、スピーカーとしての役割をしっかりとこなしてくれるのは安心できるポイントではないでしょうか。また、NFCを利用してスマートフォンと手軽にペアリングできる機能や防滴仕様など随所にSONYっぽさが垣間見えるのは面白いところ。

Google Homeでは上部のタッチセンサーで音量調整や曲送りなどの操作を行いますが、「LF-S50G」はジェスチャー操作が用意されており手を触れることなく各種操作が可能に。防滴仕様と合わせて考えると置き場所の自由度が格段に上がりますし、なによりもデバイスとしての未来感・ワクワク感がたまりません。

カラバリはホワイト / ブラック / ブルーの3色。カバーも防滴仕様で、さらに汚れた場合は水洗いできるとのことからホワイトにも安心して手を出せそうです。

Google Homeも十分に魅力のあるガジェットではありますが、どうしてもGoogleアシスタントを使うためだけのデバイスといった印象を受けてしまいあまり食指が動きませんでした。立派なスピーカーでありながらGoogleアシスタント使うことができるという「LF-S50G」は私が個人的に考えるホームAIのポジションにぴったりハマり、ジェスチャー操作への期待もありとにかく楽しみな一台です。

Amazonでチェック