セブン銀行ATMとLINE Payが提携。カード挿入とスマホ操作の2通りで入出金が可能に

10月23日にLINE Payとセブン銀行がATM利用に提携を発表しました。この提携によって全国のセブンイレブンにあるセブン銀行のATMにてLINE Payカードの利用及びLINE Payの取引が可能になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payカードの挿入&スマホ操作で取引可能

LINE Payとは、LINEアプリ内から利用できるモバイル決済サービス。LINE Payカードというプリペイド式カードを使うことで、JCBに加盟しているネットショップや実店舗で決済が可能で、現金化が可能なLINEポイントが100円で2ポイント付くのも特徴。プリペイド式のため審査が要らず気軽にクレジットカード代わりに使えることが魅力です。月額費用の支払い等には使えない場合がほとんどですが、Amazonでの買い物プライム会員費の支払いLINEモバイルの支払いなどには利用ができます。

LINE Payのこれまでのチャージ方法としてはオートチャージ、Pay-easy、銀行の口座振替、ローソンレジでの支払、コンビニの端末を用いる方法などが利用できましたが、今回の提携によりセブン銀行のATMにて入出金が可能になります。

利用方法は2通りでLINE PayカードをATMに挿入する方法と、スマートフォンによる操作で入出金する方法があり現時点ではスマホ操作は入金にのみ対応。今後出金も可能にしていくとのことです。

最低取引額は1000円からで手数料は入金は無料、出金は216円。

提携内容を見た感じだと出金よりも入金の方を重視しているようで、どこでも手軽にLINE Payへチャージできること目的にしている印象を受けました。LINE Payカードはポイントがお得なクレジットカード的な使い方をしている人が多く、ATMでの出金はそこまで需要がなさそうにも思えるので今後サービスが拡大していくにしても提携の第一段階としは妥当なところなのでしょう。LINEモバイルユーザーである私もLINE Payカードはかなりヘビーに利用しているのでチャージの手段が増えるのは素直に嬉しいポイント。地銀の口座に対応するよりも全国どこにもあるセブン銀行というのが実用性があっていいですね。この調子でこれからもどんどん便利になっていってほしいです。