Note8のスリムさを損なわなずマグネットホルダーにも対応可能なSpigenのケースシン・フィットをチェック

Galaxy Note8用にあらかじめ購入していたSpigenのスリムなケース、シン・フィットをレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Note8のスリムさを活かせるシンプルなケース

Spigenシン・フィットのパッケージ。

シン・フィットを取り出してみました。隅にSpigenのロゴが入っており、背面全体にはひし形のパターンが入っています。またこのパターンにはほんのわずかですが凹凸しており触り心地も良い感じです。

内側。中央には同社の車載マグネットホルダー「エアーベント」に取り付ける際に使用する磁気プレートを入れておけるスペースが用意されています。しかしプレートを収める位置がFelicaとQiに完全に被ってしまっており、AmazonのレビューやQ&Aでもワイヤレス充電が不可になるとの記載が見つかったので今回はこちらの機能は見送ることに。おサイフケータイやワイヤレス充電を使わないという場合に限定されますがマグネットによる車載ホルダーへの取り付けは非常に便利そうですので試してみる価値アリです。シン・フィット購入後にワイヤレス充電に干渉せずに同様のギミックが内蔵されたケースを見つけ注文しているので届き次第そちらも試してみるつもりです。

シン・フィットをNote8に装着してみたところ。シン・フィットという名前の薄型ケースだけあって一体感はなかなかのもの。

背面のカメラ部分をアップで。カメラの方が低くなっているため机に置いたときなどに傷が付くことを防いでくれます。一方元々遠い位置にあった指紋センサーは手前に段差ができたことでより触れにくくなっており、以前Mate9用に購入したラギッド・アーマーは指紋センサー部分の下だけが傾斜が緩やかになっており指を乗せやすかったことを考えるとちょっとだけ惜しいポイント。Note8の指紋センサーの位置にはなかなか苦労しそうです。

下部をアップで。ポート類は余裕をもって開かれており、イヤホンもケーブルも今のところ干渉して使えないという事態にはなっていません。

両サイドの電源ボタン、音量ボタン、bixbyボタンの部分は広く開けられているタイプ。ケースの存在が邪魔になることもなく押しやすいです。

両サイドはエッジスクリーンに掛からないように画面より低くなっていますが、上下はほんのわずかですが画面より高さがあるので、画面を下向きにして机などに置いても直接画面が下に付くことはありませんでした。

Sペン収納部分は角に近い方がわずかに低くなっているため左手でNote8を持ち右手親指でSペンの頭をプッシュするという動作は違和感なくできるようになっています。飛び出したSペンを引き抜くのはやはりケース無しの方がSペンの頭を掴みやすいためスムーズですが、個人的には十分許容範囲といったところ。Sペンの取り出しに関してはやはり厚みのあるケースだとそれだけ難しくなりそうなので、シン・フィットはよくできているのではないかと思います。

シン・フィット装着後に手に取ってみましたが大きくサイズアップした感じはなくかなりスマートな印象。パッと見だとツルツルのハードケースのようにも見えるかもしれませんが、ほんのわずかにクッション感のあるゴムっぽい素材で程よいグリップ力があるのでNote8を裸で持った時と比べると安定感は段違い。

衝撃からNote8を防御するという観点から見るとシン・フィットは必要最低限であり手帳型含め他により優秀なケースはたくさんありますが、持ちやすいサイズ感を維持しつつグリップ力を高めることで落としてまうことそのものを防ぐことができると考えると十分実用的ではないでしょうか。デザインもシンプルでシックにまとまっていてかなり気に入っていますし、Note8用のケースを探している人には自信を持っておススメできる商品です。

Amazonでチェック