GoogleのDaydream Viewが12月13日発売決定。本日12/1より予約開始

Googleのモバイル向けVRプラットフォーム「Daydream」に対応するGoogle製VRヘッドセット「Daydream View」が本日12/1よりGoogle Storeにて予約受付を開始、12/13に発売となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Daydream View

「Daydream View」は同梱されている専用のモーションコントローラーでゲームなどにも対応できる、スマートフォンをセットするタイプのVRヘッドセット。

VRにおいて気になるのはコンテンツの充実度ですが、Daydream対応コンテンツとして「YouTube VR」「Google Play ムービー」「Google フォト」「Google ストリートビュー VR」などのGoogle製に加え「Abema TV」「360 Channel」などが今のところアナウンスされています。正直なところまだまだこれからの拡充を期待しなければいけないのですが、とりあえず「YouTube VR」と「Google ストリートビュー VR」があればVRの世界を楽しむことは十分にできるのではないかと思っています。

Daydream ViewはGoogle Cardboardと異なり現時点での対応機種が「Galaxy S8 / S8+」「Galaxy Note8」「ZenFone AR」「Moto Z」「V30+」「Moto Z」「Axon 7」の7種類だけと少なく、グラフィックなどの処理性能が優れていることはもちろん、ディスプレイの解像度や品質、各種センサー類の精度などの要件をクリアしている端末のみとされています。

価格は税込みで1万2000円で日本でのカラバリはチャコールのみ。既に予約は開始されており、12/13に発売予定。対応機種が限定されてはいますが、それらの端末を持っている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。