HTC製Android One 「X2」が12/7発売。価格・スペック・デザインなどバランスの取れた良機種の予感

ソフトバンク株式会社はY!mobile(ワイモバイル)ブランドにてAndroid Oneの新モデル「Android One X2」を12/7より発売予定であることを公開しています。

この「X2」はHTC製のミドルレンジスマートフォン「U11 life」をベースとしているモデルで、シンプル設計のAndroid OneでありながらHTCらしい技術が盛り込まれており、なかなか面白そうな機種の予感です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HTC U11 lifeベースのAndroid One 「X2」

Android One X2の主な仕様は以下の通り。

  • OS : Android 8.0
  • SoC : Snapdragon 630
  • ディスプレイ : 5.2インチ 1920 x1080ドット(FHD)
  • RAM : 4GB
  • ストレージ : 64GB
  • カメラ : 1600万画素 f2.0
  • バッテリー : 2600mAh(取り外し不可)

その他、USBはType-C(ただし2.0)、指紋認証センサー、Felicaチップ搭載でおサイフケータイ対応と流行りや日本向け仕様にもしっかり対応しています。4GBのRAMに Snapdragon 630のSoCということで動作面においても十分な快適さを見込むことができ、非常にバランスの取れたモデルではないかと思われます。

また、HTCのフラッグシップ「U11」には見る角度によって反射光が流れるように変化するリキッド・サーフェスデザインが採用されていますが、U11 lifeベースの「X2」にもアクリルガラスではありますが同様のデザインが取り入れられており、複雑に変化し続ける光を楽しむことができる特徴的なデザインになっているようです。アクリルということで傷の付きやすさが多少気になるところではありますが、ハイエンド以外であってもデザインにしっかりとこだわりを持っており、試行錯誤していることよくが伝わってくる仕様ですね。

極力素のAndroidに近いものが搭載されるAndroid Oneですが、U11 lifeの機能がある程度残っているのも魅力的なポイント。端末を握ることで操作ができるエッジセンスやU SonicはU11同様に利用可能で、ハイレゾ対応のイヤホンも同梱されているようです。

Android One製品のため2年間は更新が保証されており、おサイフケータイに対応、一般的な用途はそつなくこなせるスペック、こだわりのデザインや機能など全体的に非常にバランスの取れたモデルであると言えるのではないでしょうか。発売は12/7からで現在予約受付中です。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Y!mobileでチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする