楽天とビックカメラが新会社設立。「楽天ビック」でヨドバシやAmazonに対抗

ネット通販大手の楽天とビックカメラは12月19日、両社で新会社を設立し店舗と通販を組み合わせた新サービスを提供することを発表しました。ネット通販では他を寄せ付けない勢いのAmazonやそれを追うヨドバシカメラへの対抗といったところでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天ビックを新たに開設

ビックカメラは現在楽天市場内に「ビックカメラ楽天市場店」を出店していますが、今後新たに「楽天ビック」を楽天市場内に新サイトとして開設し、従来のビックカメラの製品はもちろん、両者共同による独自の商品を販売し幅広い品揃えを提供するとしています。

また、ビックカメラの実店舗で「楽天スーパーポイント」を使う・ためることができるようになり、ヨドバシドットコム同様に「楽天ビック」で購入した商品をビックカメラで受け取ることができるようにするなど店舗と通販をうまく組み合わせ既存のシステムを活かしたサービスを拡充していくようです。

個人的には今からこの分野でAmazonに張り合うのはかなり無謀な気もしなくはないのですが、ヨドバシドットコム以外にも数々の通販サイトを比較検討しながらその都度利用するサイトを決めている身としては単純に選択肢が増えることに加え、これによりその他の通販サイトが新たに何か便利なサービスを展開してくれる可能性があることなどメリットは大きいです。ビックカメラはヨドバシカメラと比べるとまだ地方にも店舗がある方なので、その点では私を含め今までヨドバシの恩恵をあまり受けられなかった地方民にとっては結構魅力的なニュースなのかなと感じました。

ビックカメラ楽天市場店