Fitbitの新型スマートウォッチ「Fitbit ionic」が1/18に国内発売開始!

アクティビティトラッカーでおなじみのFitbitが昨年発表していた新型スマートウォッチ「Fitbit ionic(アイオニック)」が1/18より国内正式販売開始となります。Amazonでは既に予約を開始しており、執筆時点での価格は約36,000円となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fitbit ionic

Fitbit ionicはわずかに湾曲したスクエア型のディスプレイを搭載したスマートウォッチ。Fitbit独自のOSが搭載されており、時計の他心拍数や歩数計、消費カロリーなどの情報に加え、スマートフォンと連携し通知を表示させたり、Fitbit App Galleryというアプリストアからのサードパーティアプリをサポートすることによる機能の拡張などApple WatchやAndroid Wearのような使い方ができるようです。

ウェアラブルデバイスでネックになりがちなバッテリーは最大5日間持続と優秀な印象。水深50mまでの耐水性、独自にデザインされたGPSアンテナ、改良された心拍計、血中酸素濃度を予測するセンサーの搭載などFitbitらしい機能もしっかりと備わっています。

正面から見たデザインは角ばった真四角でボタンが右に2つ、左に1つ。Apple Watchの角丸デザインやその他多くのスマートウォッチがより時計らしいデザインへと近づいている中、メカニックな印象を隠そうともしていないFitbit ionicのデザインは好みの分かれそうなところではあるかもしれません。

また、日本では未対応ですがFitbit Payという独自の決済システムも搭載。日本で使えるようになる日が来るかはわかりませんが、もし対応すれば財布もスマートフォンも持たずともFitbit ionicのみで買い物ができるようになるでしょう。

カラバリはブルーグレー/ホワイト、チャコール/スモークグレー、スレートブルー/バーントオレンジの3色。1月18日から販売開始予定で、現在予約受付中です。