【レビュー】SoundPEATS A1 Proをチェック。AAC対応でiPhoneと組み合わせたいお手軽ワイヤレスヘッドホン

Amazonでイヤホンなどオーディオ製品を主に扱っているSoundPEATS(サウンドピーツ)さんから、ワイヤレスヘッドホンA1 Proをレビュー用に提供していただいたのでご紹介します。

SoundPEATSというと低価格帯のオーディオ好きの間では結構名の知れたメーカーで、Amazonでイヤホンを検索すると上位に表示されることも多いことから量販店などで見かけなくとも意外とユーザーが多い印象ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

質感は価格以上のクオリティ

こちらがSoundPEATS A1 Proのパッケージ。いたって普通の段ボール紙の箱です。

内容物。A1 pro本体の他、収納ポーチ、充電用のUSBケーブル、有線接続用のケーブル、マニュアル等です。

マニュアルは多言語対応で日本語もありました。ほとんど見ることはないと思いますが、通話も可能なヘッドホンですので着信関連の動作は目を通しておいた方がいいかもしれません。

A1 pro本体。耳の上にポンっと乗っかるオンイヤータイプのヘッドホンのため比較的コンパクトで、持ち歩きにもまずまず適しています。折り畳み機構があればもっとよかったのですが、これ以上は小さくはなりません。折り畳まずともコンパクトだからということでしょうかね。

ハウジング部分には細かいパターンが入っておりデザインからも抜かりのなさを感じます。低価格帯ながら安っぽく見せないためにこういった細かい部分に気を配っているのは好印象です。

サイズ調整のスライダー部分には金属が使われていて、見た目を引き締めつつ強度アップにも貢献しています。

頭に直接当たる部分は全体を覆っているラバーっぽい素材がそのまま使われているようですが、わずかに厚みがありクッション性が高められている様子。

イヤーパッド部分。厚みもあってクッション感もそこそこ。オンイヤータイプのため締め付けが若干気になるところではありますが、個人差はあるものの割と緩めの作りになっているようで耳や頭が痛くなるということはありませんでした。さすがに長時間装着している状態から外したときは締め付けられていた感覚が戻ってきますが、コンパクトな作りのためか装着感は軽く、違和感はかなり少なめです。

ボタンは右耳の側面にまとめられています。

そのすぐ下にカバーが掛かった充電用のmicroUSBポート、そして有線用のジャックが並んでいます。再生/一時停止や曲送りのボタンはそれぞれが独立しており大きさもあるので手探りで操作しやすくはなっているのですが、ヘッドホンをつけた状態だとこれら操作系のボタンがすべて真後ろに来てしまうのがイマイチ慣れなかったポイント。真後ろにボタンがまとめられているとどうしても操作が窮屈になってしまうので、せめてmicroUSBポートの位置と操作ボタン類の位置が逆であれば、もう少し自然な動きで操作できそうだなと感じます。

バランス型の音質。AAC対応を活かしてiOSデバイスと組み合わせたい

A1 Proが届いてから毎日2時間前後はA1 Proで音楽を聴いていました。その他PCでYouTubeを見る際などにも活躍してもらいましたが、まず感じたのは若干音がこもり気味ということ。そして全体的な印象としては音のバランスが非常によく、癖がなく聴きやすい良質な音だと感じます。A1 Proは執筆時点で大体4000円を切るくらいの価格ですが、これくらいの低価格帯では一部の音域(多くは低音ですが)を強調しているパターンがよくあります。それはそれで面白くメーカーとしての色も出せるので個人的には好きですが、聴く曲を選んでしまったりどうしても聴き疲れしやすくなるという欠点もあります。A1 Proはどこが協調されるわけでもなく細かい音もしっかり響かせつつ全体的にまとまりのある音になっており、オーディオにアレコレとこだわらない人の日常使いにおいては有力な選択肢になりそうです。

加えて忘れてはならないのがAACに対応している点。iPhoneをはじめとしたApple製品が採用しているコーデックなので、iPhoneユーザーはより高音質を楽しめるはず。残念ながら私の場合はメイン端末がAndroidでAACには非対応なのでA1 Proの魅力を最大限引き出すことはできていません。国内ではiPhoneユーザーが多数派ではありますが、ぜひ次のヘッドホンではapt-Xにも対応してほしいですね。

音質も価格も普段使いにピッタリなSoundPEATS A1 Pro。そんなにこだわらないけれどどうせなら良いものがいいという人、さらにiPhoneユーザーならチェックしてみる価値アリです。

Amazonでチェック