キャリア発の新メッセージサービス「+メッセージ」が5/9よりスタート

NTTドコモ、au、ソフトバンクの3社は、従来のSMSを拡張した新たなメッセージサービス「+メッセージ」を5月9日より提供することを発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

見た目はLINEそっくり。電話番号だけで送受信可能

「+メッセージ」は従来のSMS同様必要なのは相手の電話番号のみ。3キャリア間であればパケット通信料のみでメッセージ、画像、動画、スタンプの送受信が可能で、これまで70文字までと制限されていた文字数も最大全角2,730文字までと実質無制限と言ってもいいくらいに拡張。

ドコモのニュースリリースに掲載されている画像を見る限りUIはLINEそのもの。そもそもLINEがiMessageにそっくりであるとか、メッセージアプリは大体こんな感じの見た目であるなどいろいろと意見はあるかもしれませんが、見慣れた画面であることは素直に使いやすいのでユーザーにとっては大きなメリットでしょう。LINE同様グループトークもできるようなので、連絡ツールとしては使えなくはなかったもののコミュニケーションツールとしては壊滅的だったSMSの後継としては飛躍的な進化を遂げたと言ってもいいのではないでしょうか。

今のところはワイモバイル等も除いた完全な3キャリア間のみのサービスとなっており、Android 4.4以上のスマートフォンとタブレットで、専用アプリを用いて利用可能。iOS 9.0以降のiPhoneやiPadでも随時利用可能になるとのこと。各種MVNOへは現状非対応ではあるもののユーザーの囲いこみ(締め出し?)のような意図はなく、要望次第でオープンにしていくとのことですのでSIMフリー端末ユーザーも今後の展開に要注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする