複数台連携可能な家庭用ルーター「Google Wifi」が日本発売

Googleは手のひらサイズの小型家庭用ルーター「Google Wifi」を国内発表。4/26より販売を開始します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

複数台での連携が可能

Google Wifiの一番の特徴は複数の本体を連携して広範囲に安定して電波を飛ばす「メッシュWi-Fi技術」を用いている点。連携が可能というよりかは、連携することが前提といってもいいくらいで、高性能ルーターの宿命であった本体サイズやアンテナの大型化を、複数台の連携する機能により最小限にとどめ、シンプルでミニマルなデザイン・サイズ感を実現しています。

またセットアップにスマートフォン(iOS / Android両対応)が必須なのも特徴の1つ。ルーターの初期設定はその方面に明るくない人にとっては難しいイメージがあるものですが、アプリから簡単に行えるというのは入り口で躓く心配が減るのでとっつきやすさがあります。他製品にもアプリからの設定が行えるものもあり、私も実際に使っていますが、結局アプリ内のレスポンスがイマイチなWebブラウザから設定ページへ進むもので使いやすいとは言えないため、観完全にアプリ内で完結しているGoogle Wifiは確かに魅力的です。

価格は15,000円、さらに3台セットでも販売されておりそちらは39,000円。ルーターにしては高価な部類になりますが、性能やデザインは確かに思えます。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。