Whitestone Dome Glassが犠牲になってくれたので剥がしてみた

先日Galaxy Note8を落としてしまいました。車から降りる際、縦長ゆえに胸ポケットから少しはみ出していたNote8がスルッと抜けてしまい、駐車場のアスファルト上に落下。数十センチ滑ってから停止しました。

その結果がこちら。画面側から落下して滑ったため画面全体に満遍なく傷が入り、場所によっては弾痕のようなヒビも無数に確認できます。

しかしこの隅の割れ方を見るに、以前紹介したWhitestone Dome Glassが犠牲になりガラスフィルムのみが割れ本体は無傷のようです。Whitestone Dome Glassは、エッジスクリーンの影響で満足いくクオリティを探すのが難儀なGalaxyシリーズのガラスフィルムの中では最高品質であると断言でき、非常に気に入っていたのですが、こうなってしまった以上は剥がさざるを得ません。ガラスフィルムそのものに吸着の仕組みがなく、自らレジンを広げUV照射によって硬化させるという類を見ない施工手順のWhitestone Dome Glassですから、ちゃんと剥がすことができるのかはちょっと気になっていましたので、いい機会だと思って剥がしてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Whitestone Dome Glassを剥がす

エッジ部分を含め全体にピッタリとガラスフィルムがフィットしているためどこから剥がすのが最適か試行錯誤。ヒビの入っている角から攻めたらポロっと割れてしまいました。

そのまま右サイドから剥がしていくことに。ちょっと力を込めてガラスを持ち上げるとベリベリ剥がれていきます。保護フィルムと違いガラスなので曲げようとすると画像のように割れてしまいますが、細かくなった破片が飛び散ることはなかったのでその点は安心できます。

画面の中心部分を剥がすにはガラスを曲げる必要がありますが、厚紙などを差し込んで中心に向かって押し込んでいくと、ガラスを極力割ることなく剥がすことができました。

全て剥がし終わった様子がこちら。最初に欠けてしまった右上の角以外はバラバラになることなく、剥がした後もNote8の形状はそのまま。

気になっていた端末本体にも糊の跡やべた付きが残ることはなく、完全にWhitestone Dome Glass装着前の姿をキープしています。

剥がした後のWhitestone Dome Glassに光を当ててみました。もともとヒビが入っていたことに加え剥がす過程でさらに割れて見るも無残な姿に。そんなこと考える人はいないと思いますが、剥がしてから再利用はできませんね。

Whitestone Dome Glass貼り付けの際に気になっていた「ちゃんと剥がせるのだろうか」「糊や跡が残ったりはしないか」という不安は完全に解消されました。また、裸の状態のGalaxy Note8を落下させてみないことには厳密な比較にはなりませんが、Whitestone Dome Glassには十分な防御力があると言っていいのではないでしょうか。今回の落下でも裸の状態であれば恐らく本体に傷が入っていたと思われるので、Whitestone Dome Glassはしっかりと犠牲になりガラスフィルムとしての役目を果たしてくれました。こうなるとすぐにでも買いなおしたくなるのですが、5000円以上の価格と海外からの購入しか手段がないことが本当に痛いですね。日本での展開の情報も見かけたので、もしかしたらそう遠くないうちに国内でも普通に入手できるようになのかもしれません。続報に期待です。

Whitestone Dome Glassについてはこちらもどうぞ。

最近のGalaxyシリーズはサイドが曲がったエッジスクリーンを搭載していることからガラスフィルムの選択が非常に難しく、私もいくつか試してみま...