HUAWEI MediaPad M5/M5 Proが5/18発売。下火になったAndroidタブレット市場を盛り返せるか

HUAWEIからAndroid 8.0 Oreoを搭載したタブレットHUAWEI MediaPad M5/M5 Proが発表されました。イマイチ盛り上がりに欠ける現状のAndroidタブレット市場において、貴重な新モデルの投入と言えそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MediaPad M5

HUAWEI MediaPad M5はMediaPad M3の順当な後継機と捉えてよさそうです。主なスペックは以下の通り。

  • OS:Android 8.0(EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:2560×1600ドット8.4インチ
  • CPU:Kirin 960
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • バッテリー:5100mAh(9V / 2Aの急速充電対応)

MediaPad M3からの進化ポイントというとまずは基本スペックの向上。プロセッサがKirin 950→Kirin 960へとランクアップし、OSも初めからAndroid 8.0 Oreoを搭載しています。また、USB端子がType-Cに変更されたのも個人的に嬉しい変化。そろそろType-Cもマイノリティではなくなってきた頃合いでしょうか。

M3から引き続きサウンド面に力が入っており、Harman Kardonによるサウンドチューニングの他、サラウンド技術であるHistenも搭載。イヤホンを通じてハイレゾ音源を楽しめるのはもちろん、本体スピーカーでも十分満足のいくサウンドを体験できそうですね。

また、Wi-Fiモデルに加えLTEモデルがラインナップされているのも注目ポイント。8インチ前後は片手で掴める最大の画面サイズとも言え、MediaPad M5の利用シーンとして持ち歩いて外で、というユーザーも少なくないと思いますので非常にありがたい選択肢。

どちらのモデルも発売日は5/18で予約は既に開始されています。

MediaPad M5 Pro

MediaPad M5 Proはメモリやストレージ、プロセッサはM5と共通のスペック。画面サイズが10.8インチ(2560×1600)とやや大型になっています。

  • OS:Android 8.0(EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:2560×1600ドット10.8インチ
  • CPU:Kirin 960
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • バッテリー:7500mAh(9V / 2Aの急速充電対応)

筐体サイズが大型化したことでバッテリー容量も7500mAhへと大幅アップ。HUAWEIによると本体保存の動画であれば最大12時間の再生が可能とのことで、美しい大画面でのコンテンツ消費が非常に捗りそうなのは言うまでもないですね。

そして一番の注目ポイントはやはりHUAWEI M-Penへの対応。4096段階の筆圧感知に対応したM-Penはクリップ部分が回転するようになっており、回転させると充電用のType-C端子が現れるようになっています。ペンの真ん中付近にはボタンが2つ用意されておりスクリーンショット→書き込みの流れがすぐさま行えるようになっています。これまでVivoTab Note8やZenPad S8.0、Surface Pro4、そしてGalaxy Note8とペン対応端末はいくつか使ってきましたが、イラストやデザインなどクリエイティブな用途でなくとも、画面に直接書き込める、指以外のデバイスで操作できる、というのは意外に便利なものなのでこれもぜひ試してみたいですね。

さらに嬉しいことにHUAWEI M-Penは標準で付属するとのこと。 M5/M5 Proは両方とも標準でスタンドにもなるカバーが付属するようなので、別途アクセサリを揃える必要がないことを考えると比較的コストパフォーマンスは高めな印象です。