イオンモバイルがMVNOに本格参入!豊富な29種類のプランを用意。

2016-02-18

イオンモバイルが2月26日からMVNO事業に参入することを発表しました。通信網は他の多くのMVNOと同じくNTTドコモでSIMカードのみの契約にも対応するようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

豊富な29種類のプラン

特徴は多すぎるとも思われる29種類のプランです。しかしキャリアのような複雑な組み合わせがあるわけではなく、「音声プラン」「データプラン」「シェアプラン」という基本のプランがありその中でひと月のデータ通信容量を細かく分けているという形です。

高速データ
通信容量
音声プラン データプラン シェア音声プラン
0.5GB 1,180円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
4GB 1,580円 980円 1,780円
6GB 1,980円 1,480円 2,280円
8GB 2,680円 1,980円 2,980円
12GB 3,280円 2,680円 3,580円
20GB 5,980円 4,980円 6,280円
30GB 7,980円 6,980円 8,280円
40GB 10,800円 9,980円 11,100円
50GB 14,800円 13,800円 15,100円

中でも50GBや40GBのデータ通信容量は果たしてどれほどの需要があるかはわかりませんが他にはない特徴となります。家に固定回線を引いてない場合にその代わりにする、という使い方も出来なくはないかもしれません。

サービスも充実

キャリアからの乗り換えに必須なMNPにも対応し、高速通信の切り替え、余ったデータ容量の翌月繰り越しなども可能。2年縛り無しで解約金ゼロなどかなりユーザーのことを考えたサービスを展開しています。またイオンは他のMVNOと違い身近に店舗がある場合が多いのでサポート面も充実してそうです。その点では初めての格安SIMには良いかもしれません。


0円SIMが話題になり今後は安さからサポートなどのサービス面が充実してくるのでしょうか。イオンは他のMVNOにはない店舗という強みがあるのも初心者には良いでしょうね。気になるのは通信の品質ですがこれはサービス開始してから数か月は経たないと信憑性のある情報は得られないでしょう。イマイチ前評判は良くないようですが・・・。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする