LINE MALLがサービス終了を発表 今後はBtoCを中心に

2016-03-01日本では定番のSNS「LINE」を提供するLINEは、同社が展開しているフリーマーケットアプリ「LINE MALL」を2016年5月31日をもって終了することを発表しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「LINE MALL」の終了と今後

LINE MALLは2013年12月にLINEがサービスを開始。スマートフォンからの利用に特化し、匿名配送や手数料無料などで話題となりました。似たようなサービスとして「メルカリ」が挙げられますが、メルカリは個人消費者間の売買(CtoC)を中心とし、LINE MALLは個人消費者と企業間の売買(BtoC)を積極的に進める、といったように方向性には僅かに違いが見られました。今回のサービス終了も今後の方向性をCtoC事業からBtoC事業へと転換する目的があるようで、曜日ごとにテーマを決めて1週間限定で販売、LINEアプリ上からそのまま購入可能な「LINEフラッシュセール」などをメインとしていくようです。


3月15日に購入・出品や商品の検索・閲覧が停止され、5月31日にサービスが終了、2017年5月31日には売上金振込みに関するサポートが終了します。ポイントの利用は3月15日13:59までとなっているのでポイントが余っている場合は早めに使い切った方が良さそうです。

詳細はLINE MALL公式ブログで。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする