Microsoft版SiriことCortanaの日本語対応iOSアプリがリリース さっそく使ってみた

Microsoft版SiriことCortana (コルタナ)の日本語に対応したiOSアプリがリリースされました。

パーソナルアシスタント「コルタナ」は元々Windows Phoneに搭載されていました。その後Windows10にも搭載され最近のアップデートで日本語にも対応。AndroidとiOS用アプリはこれまで英語と中国語のみに対応していました。

価格は無料、対応OSはiOS 8.0以降となっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インストール

さっそくインストールしてみます。App storeで「コルタナ」と検索すると一番上に表示されます。

ファイル_000

ファイル_000 (2)

インストール完了。起動します。

利用規約に同意するとMicrosoftアカウントでサインインするように求められます。これによってWindows10のPCで設定したリマインダーの共有、カレンダーと連動して予定を通知する、などの機能を使うことができるようになります。

話しかけてみた

まずは挨拶を。

ファイル_000 (12)

コルタナ側からの音声は非常にスムーズで聞き取りやすいです。しかし音声認識の精度とレスポンスに関してはまだまだSiriの方が上のようです。 

とりあえず定番のおふざけもやってみました。

このようにジョークにもちゃんと対応しているようです。


コルタナは現在鋭意育成中とのこと。現時点ではできることも少なく、せいぜいリマインダーやカレンダーをPCと共有して管理する、天気やニュースを確認する、ぐらいです。iOSだとSiriを使わずにこちらを使う意味はあまりないでしょう。今後の進化に期待です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする