【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

サムスン、AKGブランドのオーディオデバイス計6機種を国内販売開始

サムスン電子ジャパンは7月29日、AKGブランドのヘッドホンやイヤホンなどのオーディオ製品を計6機種国内販売開始しました。サムスンから発売されたAKG製品

今回発売されたのはワイヤレスイヤホン2機種、ワイヤレスヘッドホン2機種、ケーブル着脱式の有線イヤホン2機種(内1機種はBluetoothにも対応)の以下にある合計6機種。

AKGはイヤホンやヘッドホン、マイクなどのオーディオデバイスを中心に展開しているハーマンインターナショナル傘下のブランドですが、2017年にそのハーマンインターナショナルがサムスンによって買収。それ以降もブランドは継続し、サムスン製スマートフォンやその他のデバイスの音響システムにもその技術が活かされる形になっています。

プレスリリースによると今回の6機種の国内発売はあくまでも”第一弾”と表現されており、今後第二弾、第三弾があることを匂わせています。

AKGのオーディオデバイスというと、サムスンのSmartThingsアプリ内には既にワイヤレスヘッドホン「AKG Y400」「AKG Y600」と完全ワイヤレスイヤホン「AKG N400」の3機種が登録されていることが確認されています。

そのため今回の6機種の国内販売は、これらの新作オーディオデバイスの展開に向けた布石と捉えることもできるのかもしれません。
上記6機種のAKG製品はGalaxy Harajukuの他、Amazonでも販売されています。