【8月30日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

OPPOのスマートウォッチ、ECG(心電図)機能を搭載か?デザインも公開

OPPOが2020年中には発表すると見られているスマートウォッチについて、ECG(心電図)機能を搭載しているとの噂が浮上しています。

この噂の発信元はDigital Chat StationsによるWeiboへの投稿。なお執筆時点で該当の投稿はWeiboから削除されており確認することはできません。なおどういった理由で投稿が削除されたのかは不明です。

スポンサーリンク

リークか?デマか?OPPOのスマートウォッチにECG(心電図)機能

ECG(心電図)機能を搭載しているスマートウォッチはApple Watch Series 4/ 5やGalaxy Watch Active2、Amazfit Verge 2など着実に増えてきており、上位クラスのスマートウォッチにおける目玉機能的な位置づけになりつつあります。

Digital Chat StationsによるWeiboへの投稿

Digital Chat StationsによるWeiboへの投稿がこちら。

oppo’s square smart watch can measure ECG.It seems that it is the second smart watch that can measure ECG except Apple Watch ?

(訳)OPPOのスクエア型スマートウォッチはECG(心電図)を測定可能です。Apple Watch以外にECGを測定できるスマートウォッチはこれが2番目ではないですか?

Weibo

ECG(心電図)機能搭載に関しては明確な情報ソースがあるわけではないことが気になるところです。なおDigital Chat StationsがOPPOから登場するスマートウォッチについて「スクエア型のスマートウォッチ」であると言い切っている点については、以前にShen Yiren氏が長方形型ディスプレイの方が利用効率に優れるという発言を残しているためでしょう。

参考OPPO、ノイズキャンセリングイヤホンとスマートウォッチを開発中。スマートウォッチは来年にも登場か

公開されたOPPOスマートウォッチのデザイン
OPPOのスマートウォッチ。スクエア型のディスプレイに長方形のボタンが2基

その後1月30日、Shen Yiren氏が自身のWeiboアカウントにて上記画像を開発中のスマートウォッチのデザインだとして投稿しました。過去にOPPOはApple Watchライクなスクエア型ディスプレイを搭載したスマートウォッチのシルエットのみを公開していましたが、本画像によって正式にデザインが確定したことになります。

Shen Yiren氏は画像の投稿の際に「湾曲ディスプレイを採用した、今年最高のデザインを誇るスマートウォッチ」とコメントし自信たっぷり。これに対して案の定Apple Watchと似ていることを指摘するコメントが付いていましたが、スマートウォッチに限らず腕時計のデザインはよほど奇抜でない限りはバリエーションが少ないので「スクエア型だからApple Watch風」と言い切ってしまうのは少し違うのかなとも思います。

ただし「デザインをAppleに寄せている」といった指摘のコメントは、期待の裏返しであるとも捉えられます。かつてFind Xでベゼルレスかつノッチレスなフルディスプレイを実現したあの衝撃を知っているユーザーは、OPPOならもっとやれるだろうと思ってしまうのも無理はありません。

OPPOはスマートウォッチの発表時期を明確にしてはいませんが、多くの海外メディアによると2020年の第一四半期に発表されるとの見方が濃厚。スマートフォンのフラッグシップとなる、Find X2と同時に発表されるものと見られています。

関連完全ワイヤレスイヤホンOPPO Enco Freeが正式発表。最大25時間のバッテリー、IPX4の防水対応

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました