【3月12日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

サムスン、Galaxy S20の試用宅配サービスを実施。実店舗での体験コーナーは縮小

2月18日、韓国サムスンは新型スマートフォン「Galaxy S20」の購入を検討しているユーザーに対して同スマートフォンのサンプルを宅配し、レンタルできるサービスを開始しました。

現地時間2月11日に新型スマートフォン「Galaxy S20」シリーズや「Galaxy Z Flip」、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」などを発表したばかりのサムスン。しかしながら中国を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、実店舗における販促サービスが思うように実施できないのが実情。

現に韓国における「Galaxy S20」のタッチアンドトライが可能なブースは「Galaxy Note10」の時と比較して100か所以上も少ない9カ所のみ

この状況によって売り上げの低下が見込まれる中、マーケティングを強化するために打ち出されたのが「Galaxy S20」の宅配レンタルサービス。

Galaxy S20シリーズ

同サービスは、「Galaxy S20」を試したい顧客の元へ配達員が直接サンプル機を届けに訪問し、受け取ったユーザーは最大24時間自由にサンプル機を使えるという形に。レンタル時間の終了に合わせて再び配達員が受け取りに訪問するため、ユーザーは「Galaxy S20」のレンタルに際して一切外出する必要がありません

新型コロナウイルスの感染に不安を抱くユーザーにとって外出の必要なく端末を試せるサービスは非常に重宝するかと思いますが、ネックとなるのは費用対効果でしょう。同サービスが展開されるのは現時点では韓国のみであり、さらに韓国の中でも一部地域に限定されるとのこと。

一定の効果が見込まれれば、他の国や地域でも同系統のサービスが実施される可能性はゼロではありません。日本には世界最大規模のショーケースGalaxy Harajukuが存在しており、これまでも新モデルが登場するたびに様々なイベントを実施しています。その中には新モデルを一定期間レンタルできるイベントもありました。

理想は日本にGalaxy S20シリーズが展開される頃には新型コロナウイルスの感染も終息していることです。どういった形であれ、新製品を手に取る機会をどうにかして設けてくれているのは非常にありがたい措置と言えるでしょう。

スマートフォン業界はコロナウイルスによる影響を大きく受けている分野の1つとのこと。特に中国市場における需要は第1四半期には半減する可能性があるとの見方もあるようです。

source ロイター

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました