BREAKING

リークを基にしたGalaxy Fold2のレンダリング画像が登場

サムスンは2020年夏、Galaxy Note20(11)と共に初代折りたたみスマートフォンの後継モデルとなるGalaxy Fold2をリリースすると見られています。

現時点で両スマートフォンの詳細な構成等は判明しておらず、断片的なリークがいくつか出回っているだけのみ。しかしBen Geskin氏は、これまでのリーク情報を基にしたGalaxy Fold2のレンダリング画像を作成しTwitterにて公開していましたので、紹介します。

スポンサーリンク

大型化、Sペン対応、パンチホール、なGalaxy Fold2

Ben Geskin氏が公開したレンダリング画像がこちら。

端末を折りたたんだ際に外側に来るディスプレイのサイズは6.23インチ。上部にはパンチホール型のインカメラを搭載。外側ディスプレイは先代のGalaxy Foldではいかにもサブといったサイズ感でしたが、Galaxy Fold2では改善されていることが伺えます。

開いたディスプレイは7.59インチで、右上にパンチホールを搭載。内側となるこちらのディスプレイは待望のSペンに対応し、アスペクト比 4:3 (2,213 x 1,689ピクセル)になるとのこと。

これらのリーク情報は全てRoss Young氏によるもの。以下が同氏によるリーク情報のツイートになります。

ザっと調べてみたところリークに関する実績は乏しく、信ぴょう性に関しては微妙。しかし業界内では彼の発信を信用する声も大きく、一部の海外メディアにも既に取り上げられている内容です。それなりにチェックしておく価値はありそうです。

なお、上記のリークからもわかるようにパンチホールの詳細な位置や背面カメラに関する情報はハッキリしていません。そのためレンダリング画像におけるこれらの位置やデザインはあくまでもイメージとなります。

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。