【4月13日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

Galaxy Z Flipの後継機はトリプルカメラ搭載に?特許画像が公開

Galaxy Z Flipは、サムスンの初代折りたたみスマートフォンであるGalaxy Foldとは異なり縦方向に折りたたむことができる画期的なデバイスです。

しかし、デザインや構造は先進的でも同時に発表されたフラッグシップであるGalaxy S20シリーズと比較すると性能は一回り落とされており、スペックやパフォーマンスは最新とは言えません。

採用されているプロセッサSnapdragon 855+は1世代前のものですし、特に顕著なのはカメラ周り。先日公開されたDxOMarkによるGalaxy Z Flipのカメラレビューにおいても、決して悪い評価ではないものの最新スマートフォンとしては少々物足りない結果でした。

そのためサムスンは、Galaxy Z Flipの後継モデルでは間違いなくカメラ性能を強化してくるでしょう。具体的には、トリプルカメラを搭載する案が出ていることが特許により判明しています。

スポンサーリンク

Galaxy Z Flipの後継機はトリプルカメラを搭載か

特許によると、次期Galaxy Z Fipのトリプルカメラは水平方向と垂直方向の2パターンが検討されていたことがわかります。なお、特許画像は必ずしも今後その通りのデバイスが登場することを確約するものではないので、リーク情報と同じく過度の信頼は禁物です。

次期Galaxy Z Flipのトリプルカメラ2パターン

どちらもカメラの構成やサイズに違いはなさそうですが、カメラが垂直方向に配置される場合は横に空いたスペースの分だけカバーディスプレイを拡大する計画のようです。

カバーディスプレイは、通知の表示の他音楽再生の操作やカメラのプレビュー、着信の応答 / 拒否などの操作が可能ですが、機能の豊富さの割には手狭だと感じるので個人的には垂直方向の配置が好みです。

側面に指紋リーダー、充電ポートはType-C

なお、どちらのデザインの場合でもインカメラはパンチホール型のまま。Type-Cの充電ポートの位置や形状、側面の指紋センサーなども現行モデルとほぼ一致しており、Galaxy Z Flipの次期モデルの主な変更点はプロセッサやメモリなど内部のスペックアップとカメラの増設がメインになりそうです。

現行のGalaxy Z Flipのカメラは、共に12MPであるメインの広角カメラとサブの超広角カメラの組み合わせ。ここにもう1つレンズを組み合わせるとなると、Galaxy S20 Ultraでは100倍ズームをウリにするなど今のGalaxyは”ズーム推し”な一面があるので、予想されるのは望遠カメラの可能性が濃厚。次点でマクロカメラなどでしょうか。

いずれにせよ、Galaxy Z Flipをイロモノで終わらせず今後のGalaxyシリーズを担う一角とするにはカメラのアップデートは必須。続報に期待です。

via LetsGoDigital

ETORENでGalaxy Z Flipをチェック

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました