【注目】Shokzの新型骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」がクラウドファンディング実施中!

Galaxy Note20+のレンダリング画像がリーク。やはりSペンは左側に?

Galaxy Note20+とされるレンダリング画像が公開されています。

公開しているのは、先日Galaxy Note20のレンダリング画像をリークしたpigtouで、これまで多数のレンダリング画像で実績がある@OnLeaksの協力により本画像の作成に至ったとのことです。

スポンサーリンク

Galaxy Note20+のレンダリング画像。カメラ周囲に目立つリングを確認

基本的なデザインはGalaxy Note10+を踏襲している点は、Galaxy Note20のレンダリング画像と共通。

しかし、Note20のディスプレイがほぼフラットであったのに対して、Note20+のディスプレイはサイドがやや湾曲したデザインに。画面の大型化を物理的に極力感じさせない工夫かと思われます。

Galaxy Note20+のレンダリング画像

ディスプレイは6.9インチ、ボディのサイズは、165 x 77.2 x 7.6mm。Note20よりも縦・横共にわずかに大型化していますが、約1mmほど薄くなっています。

Note20のレンダリング画像と同様に、Sペンはディスプレイに対して左側に配置。Note20シリーズ以前にもSペンの位置が変わるとのリークはたびたび見かけましたが、結果的には右側に落ち着いていたので、今回もその可能性は捨てきれません。

気になるのはカメラで、主なデザインはGalaxy S20シリーズを踏襲。約10.7mmの高さがあることと、レンズ周辺のリングによって良くも悪くもかなり目立つ印象です。

Galaxy Note20 / Note20+は、2020年8月に発表されると予想されています。先代のGalaxy Note10シリーズでは、Note10+のみ日本で発売されていますので、Galaxy Note20+が日本市場に投入される可能性は高いと言えます。

ニュース
スポンサーリンク
ぜひシェアをお願いします!
スポンサーリンク
プラスガジェット

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました