【7月3日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

ASUS ROG Phone IIIの実機とスペックが判明【リーク】

ASUSの新型スマートフォンROG Phone IIIの実機写真がリークされています。また、ROG Phone IIIの一部のモデルが中国の認証機関TENAAを通過したことで、主なスペックも判明しています。

まずはMukul Sharma氏によって公開されたROG Phone IIIの実機写真がこちら。

ROG Phone IIIの実機写真

中央で一際存在感を放つ、発光ギミック付きのROGロゴは健在。ROG Phone IIのデザインと比較してみると、カメラの反対側に位置していたオレンジ色の通気口が見当たらず、カメラ以外の物理的な凹凸が全て廃止されフラットになっていることに気が付きます。

カメラユニットは先代よりも横に長く、見えづらいですがレンズが3つのトリプルカメラに。端末下部にはテンセントのロゴが確認できるので、スペックと価格を抑えたテンセントモデルが投入されるものと思われます。

OSAndroid 10
ディスプレイ6.59型 AMOLED(有機EL)ディスプレイ(2,340×1,080ドット) 144Hz対応
プロセッサSnapdragon 865(または865 Plus)
メモリ8GB / 12GB / 16GB
ストレージ128GB / 256GB / 512GB
背面カメラメインカメラ(広角):6,400万画素
超広角:1,300万画素 125°超広角
望遠:判明次第追記
インカメラ判明次第追記
バッテリー6,000mAh 30W急速充電対応
サイズ / 重量171 x 78 x 9.85 mm / 240g
その他イヤホンジャックなし、画面内指紋認証搭載

中国の認証機関TENAAおよびAntutuベンチマークから判明したROG Phone IIIのスペックは、上記の表の通り。

画面サイズと解像度はROG Phone IIを踏襲していますが、最大120Hzまで対応していたリフレッシュレートが新たに144Hzまで向上すると見られています。トリプルカメラは広角(メイン)・超広角・望遠になるとのこと。望遠カメラの詳細、特にメインの広角カメラに対して何倍の光学ズームとなるのかは現時点ではハッキリしていないようです。

先代とは異なりROG Phone IIIはイヤホンジャックには非対応ですが、恐らく専用の拡張アクセサリで対応してくるでしょう。ROG Phoneシリーズは、2画面化やコントローラーなどやりすぎとも思える程の大量かつマニアックな拡張アクセサリが魅力でしたが、ROG Phone IIIでROG Phone IIのアクセサリ達を使いまわせるのかどうかも注目すべきポイントです。

ROG Phone IIIは、早ければ6月または7月中に正式発表されると見られています。

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました