【注目】Amazonプライムデー2021の攻略法を紹介

Galaxy Watch3のバリエーションは9種類。おおよその価格も明らかに

正式発表を目前に、Galaxy Watch3の主な情報が出揃いつつあります。

先日Galaxy Watch3の鮮明なレンダリング画像をリークし、新たな「ブロンズ」のカラーバリエーションの存在を公開した@evleaksが、次はGalaxy Watch3のバリエーションが9モデル存在すること、そしてその大まかな価格を公開しています。

Galaxy Watch3のバリエーション
  • 45mm ブラック チタン(Bluetooth)
  • 45mm ブラック ステンレス(Bluetooth)
  • 45mm ブラック ステンレス(LTE)
  • 45mm シルバー ステンレス(Bluetooth)
  • 45mm シルバー ステンレス(LTE)
  • 41mm シルバー ステンレス(Bluetooth)
  • 41mm シルバー ステンレス(LTE)
  • 41mm ブロンズ/ゴールド ステンレス(Bluetooth)
  • 41mm ブロンズ/ゴールド ステンレス(LTE)

同氏がリークしたGalaxy Watch3のバリエーションは上記の9種類。45mmモデルはブラックとシルバーの2色、41mmモデルはシルバーとブロンズまたはゴールドの2色で展開されるという見通しのようです。

 41mmモデル45mmモデル
カラーブラック / シルバーシルバー / ブロンズ or ゴールド

41mmモデルのカラーはブロンズとゴールドどちらの呼び方になるかは不明のようですが、これまでのGalaxy Watch3に関するリークや、Galaxy Note20 / Note20+にもブロンズのモデルが存在するらしいことから、恐らくゴールドではなく「ブロンズ」になるものと思われます。

ケースの素材にチタンを用いたモデルは45mmのみとなる様子。ほかとは違う、プレミアムなモデルになると予想されます。

スポンサーリンク

Galaxy Watch3のおおよその価格がリーク

また、「価格はいくらなの?」と聞かれた@evleaksは、「400ドルから600ドル」とおおよその価格を回答。

最も新しいGalaxy WatchシリーズであるGalaxy Watch Active2は、40mmモデルが279.99ドル(約30,000円)、44mmモデルが299.99ドル(約32,000円)で発売されました。

また、前身となる初代Galaxy Watchは42mmモデルが329.99ドル(約35,000円)、46mmモデルが349.99ドル(約40,000円)で登場。

上記価格を考慮すると、Galaxy Watch3は従来モデルよりも50ドルから100ドル程度値上げされる可能性が高いことが伺えます。

最も安いモデルは41mmのBluetoothモデル、最も高いモデルは45mmのチタンモデルであることはほぼ間違いないはず。値上がりは、機能的な面ではなくデザインや材質によるところが大きそうです。

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました