Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー動画公開!

Galaxy Buds Liveの公式レンダリング画像がリーク。カラバリはブロンズ含め3色

サムスンの新型完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」のプレスレンダリング画像がリークされています。

画像は、@evleaksが自身のPatreonに投稿し、SamMobileが公開したもの。イヤホン単体とバッテリーケース両方の画像が公開されています。

Galaxy Buds Liveイヤホン単体の画像

イヤホンは豆のような独特の形状。実際サムスンは、Galaxy Buds Liveの開発コードネームに「Beans」を与えていることが判明しています。

上記レンダリング画像から確認できる範囲では、イヤホンには2つのマイクと1つのスピーカーが搭載されているように見えます。2つのマイクは、外音取り込み機能や通話時のノイズキャンセリング機能に活用されるものと思われます。

なお、Galaxy Buds LiveがApple AirPods ProやSONY WF-1000XM3のようなアクティブノイズキャンセリング機能を搭載するかについては、ハッキリとした情報が伝えられていないのが現状です。

上記のレンダリング画像を元に判断するなら、イヤーピースが確認できないため、アクティブノイズキャンセリング機能の搭載は期待できないように思えます。HUAWEI FreeBuds 3のように開放型でもノイズキャンセリング機能を実装した例はありますが、カナル型と比較するとその効果はハッキリと劣っています。

追記(2020/07/18)

Galaxy Buds Liveのプロモーション動画、およびイヤホンの裏と表が鮮明に判別できる画像が公開され、アクティブノイズキャンセリング機能搭載の可能性が高まりました。詳細は以下の記事をご覧ください。

Galaxy Buds Live、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載か。AirPods Proのようなイヤーピース付きの開放型?

Galaxy Buds Liveのケースの画像

ケースの形状は、従来の長方形から丸みを帯びた正方形へと変更。イヤホンが光沢のあるデザインであるのに対して、ケースはやや艶消し加工が施されているように見えます。

ケースの外部と内部それぞれに、ケースとイヤホンのバッテリー残量を示すインジケータを搭載している点は先代のGalaxy Buds+と共通です。

カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・ブロンズの3色。Galaxy Note20シリーズGalaxy Watch3にもブロンズのカラーバリエーションが確認されているので、2020年後半のGalaxyはブロンズ推しのようです。

サムスンは8月5日に新製品発表イベントのUnpackedを開催しますが、当サイトではGalaxy Buds Liveは一足先に、Galaxy Watch3と同様の7月22日に発表されると予想しています。

リーク
スポンサーリンク
ぜひシェアをお願いします!
お気軽にフォローしてください!
スポンサーリンク
プラスガジェット

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました