【8月30日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

One UI 3.0ベータ版のデザインや機能など詳細が判明。スクリーンショットが大量に公開

サムスンOne UIの次期バージョン「One UI 3.0」のスクリーンショットが大量に公開され、デザインや機能などが続々と判明している。

サムスンは9月9日から一部の地域にてOne UI 3.0の開発者向けベータプログラムを開始しているが、パブリックベータは公開されていない。

しかし、既に更新ログの内容をお伝えしたように、現在配信されているベータ版の中身はほぼ明らかになっている状態だ。

スポンサーリンク

One UI 3.0ベータ版の新デザインや新機能

One UI 3.0では、通知センターやクイック設定パネルを降ろしたときの背景に、ぼかしがかかるようになった。

iOSやOPPOのColorOS 11、Windows 10などでも見られるデザインだが、個人的には控えめながらもクールな印象でよいと感じている。

最近のアプリとボリューム調節

タスクボタンをタップしたときの「最近使ったアプリ」を表示しているのが上記の画像。一見すると従来のOne UIから変化はないように見えるが、横一列にアプリが並ぶなか、選択中のアプリのみほかのアプリよりもわずかに拡大して表示されるように改善されている。

同じく細かな改善点としては、ボリューム調節が水平方向から垂直方向のスライダーに変更された。ボリュームアップ・ボリュームダウンがより直感的に操作できるはずだ。

また、One UI 3.0はAndroid 11がベースとなっているため、Android 11の新機能もいくつか利用可能になっている。

通知領域のメディアプレーヤー

その1つが上記画像にある、通知エリアのメディアプレーヤーだ。

音楽の再生・停止やシークバーを動かすことによる再生位置の調節のほか、出力先が複数ある場合は、このメディアプレーヤー上から簡単に切り替えられる。

Conversation(会話)

通知内で会話をまとめる機能も実装。メッセージ系アプリからの通知は「Conversation」という別枠の中にまとめられ、見返しやすくなっている。

通知上から、返信をするか既読にするかの選択もできるようだ。

One UI 3.0の新機能の一部

「アンドゥ機能が追加された画像編集アプリ」や「ワイヤレスDeX」、「着信画面のカスタマイズ」「最小のバッテリーモード」といったOne UI 3.0から搭載される新機能のスクリーンショットが上記画像。

本記事で取り上げている以外にも、XDA-Developersではさらに多くのスクリーンショットが公開されている。設定に関するページは大部分が網羅されているので、気になる方はそちらもチェックするといいだろう。

One UI 3.0で実装される新機能については、以下の記事もあわせてチェックしてみてほしい。

関連ベータ版One UI 3.0の追加機能や変更点が明らかに

リーク
スポンサーリンク
ぜひシェアをお願いします!
お気軽にフォローしてください!
スポンサーリンク
プラスガジェット
YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました