【お得】3GB・かけ放題で月額400円が実現可能

ワイモバイル、20GBで月4,480円の新料金プラン「シンプル20」を2020年12月下旬から提供。MNP転出手数料撤廃も

ソフトバンク株式会社は10月28日、同社の携帯サブブランド「ワイモバイル」において新料金プラン「シンプル20」を発表した。

同プランは2020年12月下旬から提供される予定。また、同時にMNP転出手数料の完全撤廃も予告した。

スポンサーリンク

20GBで月4,480円。ワイモバイルの新料金プラン「シンプル20」

「シンプル20」は、毎月20GBまでデータ容量が利用可能なうえ、10分以内の国内通話が回数無制限で無料になる新プラン。毎月の料金は税別4,480円だ

上記に加え、20GBの高速データ通信容量を超過した場合は、最大1Mbps通信速度で利用可能。1回当たり10分を超える国内通話は、10分超過分に20円/30秒の通話料が別途発生する形だ。

高速データ通信容量20GB
通話料10分以内の国内通話は無料
高速データ通信容量超過後の通信速度最大1Mbps
10分超過分の通話料20円/30秒
月額利用料金4,480円(税別)

なお、「データ増量オプション」「新規割」「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」「家族割引サービス」は適用不可。プラン名の通り、極力シンプルでわかりやすい料金体系を目指したものと思われる。

「シンプル20」の発表は、日本は諸外国に比べると大容量プランの価格が高いとする日本政府の指摘に応えたもの。ソフトバンクではなく、低廉ブランドのワイモバイルにて対応した格好だ。

また、ソフトバンクは「シンプル20」の発表と同時に「MNP転出手数料の完全撤廃」を予告した。

ソフトバンクとワイモバイルの双方にて、店頭・ウェブ窓口(My SoftBank、My Y!mobile)・コールセンターなど全ての受け付け窓口におけるMNP転出手数料を、来春をめどに完全に撤廃すると発表した。

ちなみに、同日にはKDDIおよび沖縄セルラーも20GBを税別3,980円で利用できる新料金プラン「スマホプランV」を発表している。ソフトバンク同様、やはりauではなく低廉ブランドの「UQ mobile」にて政府の要請に対応している。

ワイモバイルの申し込みはこちら

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました