【注目】楽天モバイル、MNPで15,000ポイント還元中

ロジクール、テレワーク向けウェブカメラ「C505」を発表。3m以内の音を拾えるノイズリダクションマイク搭載

株式会社ロジクールは11月6日、新型のウェブカメラ「C505」を11月19日より発売することを発表した。

価格はオープンで、ロジクールオンラインストアでは3,300円(税込)で販売。執筆時点ではAmazonにて予約受付が開始されており、価格は3,000円となっている。

スポンサーリンク

広範囲の音を集音できるマイクを搭載したウェブカメラ「C505」が11月19日発売

「C505」は、付属のユニバーサルクリップを用いてディスプレイや棚などに固定して使用できるウェブカメラ。接続はUSB-Aケーブルで行う。

クリップを取り付けた状態のサイズは31.91mm x 72.91mm x 66.64mm、重量は約75gとコンパクトかつ軽量。USBケーブルは約2mの長さがあるので、場所を選ばず柔軟に設置できることが魅力だ。

ロジクール「C505」

カメラは、HD 720p/30fpsに対応。明るさや色、彩度を自動で調節できる独自技術「RightLight 2」を搭載しているため、天井の照明によって顔に影ができる時や、光量が足りず暗い部屋にいる時も顔を鮮明に映し出せる。

ノイズリダクション機能を搭載したマイクも内蔵。周囲の雑音を低減しながら最大で約3mの範囲の声を拾い、クリアに伝えられる。

テレワークを実施している企業も多いかと思うが、「C505」はリモートで行う会議や商談などで大いに活躍できるだろう。

「C505」は、11月19日に発売予定。執筆時点におけるAmazonでの価格は税込3,000円となっている。

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット、テニス、料理、スターウォーズなど。ペンギンも大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届け。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました