【11/27から5日間!】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーの攻略法!

フォト以外も対象。Googleドキュメント/スプレッドシート/スライドも15GB以上は有料化へ

現地時間11月11日、GoogleはGoogleフォトにおける写真や動画の無料・無制限アップロードを、2021年5月31日で終了することを発表した。

関連Googleフォト、2021年6月に15GB以上の利用を有料化へ。Pixelユーザーは引き続き無料で利用可能

これはGoogleアカウントのストレージポリシー変更に伴う措置。そのため、実はGoogleフォト以外にも多くのサービスが影響を受ける。ユーザーが多いと思われる、Google版のOfiice「Googleドキュメント/スプレッドシート/スライド」も、2021年6月1日以降には使い勝手が大きく変わってしまうので注意が必要だ。

スポンサーリンク

Googleドキュメント/スプレッドシート/スライド、15GB以上は有料化へ

Google製の文章作成ソフト「Googleドキュメント」、表計算ソフト「Googleスプレッドシート」、プレゼンテーションソフト「Googleスライド」は、無料かつウェブ上で利用できる非常に便利なサービス。

Microsoft Officeとの互換性もある程度保たれており、個人で使用するのであれば「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」で十分と考えていたユーザーも多いだろう。

Googleドライブ内からドキュメント/スプレッドシート/スライドを新規作成

Googleドライブの[新規]ボタンから作成した「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」のファイルは、これまで容量0MBとしてドライブ内の容量を一切消費せずに好きなだけ作成ができた。

しかし、Googleアカウントのストレージポリシー変更により、「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」のファイルも、2021年6月1日以降は無料の15GBのストレージまたはGoogle Oneで購入した追加ストレージ容量にカウントされるようになる。

さらに注意しておきたいポイントが、2021年5月31日までに作成したファイルであっても、2021年6月1日以降に内容を変更すると新規ファイル同様にストレージを消費してしまうこと。

こうでもしないと、無料期間中に大量にファイルを作成しあとから利用しようとするユーザーが現れるのは明らかであるため仕方のない措置ではあるが、Googleフォトのように過去のファイルは影響を受けないと考えていると、とんでもないことになりかねない。

特に、「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」のファイルを共同編集できるように設定している場合は、編集権限を持っている全てのユーザーに注意喚起が必要だろう。場合によっては編集権限を変更しておいた方がいい。

なお、Googleドライブから作成できる「Google図形描画」「Googleフォーム」「Google Jamboard」のファイルも、同様に2021年6月1日以降にはストレージ容量を消費するようになる。

[source Google Japan Blog]

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました