【11/27から5日間!】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーの攻略法!

ファーウェイ、「HUAWEI FreeBuds Pro」を11月20日発売。ANC対応完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップ

ファーウェイ・ジャパンは11月17日、オンラインで新製品発表会を開催。新型の完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds Pro」を発表した。

市場想定価格は22,800円。2020年11月17日より家電量販店や各種ECサイトにて予約受付が開始され、11月20日に発売される予定だ。

スポンサーリンク

FreeBuds Proが日本発売。最大40dBの強力なアクティブノイズキャンセリングが武器

「FreeBuds Pro」は、2020年9月に中国で発表された、ファーウェイ製完全ワイヤレスイヤホンの新たなフラッグシップモデル。約2ヶ月を経て、日本市場にも投入される。

シリーズの旧モデルとなるFreeBuds 3・FreeBuds 3i同様、「FreeBuds Pro」もアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。業界最高を謳う最大40dBのノイズ低減により、さまざまな環境においても高い解像感の音楽を楽しめるはずだ。

シーン別ののノイズキャンセリングに対応

さらに、外部環境を認識し、低減するノイズの加減を最適化できるシーン別のアクティブノイズキャンセリングにも対応。機内や電車内など騒がしい場所に適した「ウルトラモード」、雑踏などに適した「標準モード」、カフェや図書館のような静かな場所に適した「くつろぎモード」を、環境を認識することで自動で切り替えられるという。

外部音取り込みモードにも対応。「FreeBuds Pro」を装着した状態で周囲の音を聞けるのはもちろん、周囲の音を低減して人の声だけを際立たせる音声取り込みモードも搭載している。空港の搭乗案内や電車のアナウンスなどを聞き取る際に役に立ってくれるはずだ。

11mmのダイナミックドライバーを搭載。

11mmウルトラマグネティックドライバーを採用し、パワフルでダイナミックなサウンドを実現。小型の完全ワイヤレスイヤホンながら、ライブのような本格的な音楽を楽しめる。

3つのマイクシステムと骨伝導センサーも搭載され、バックグラウンドノイズを低減し人の声を強化することで、クリアな通話も可能だ。

2デバイスに同時接続が可能

スマートフォンアクセサリとしてのスマート機能も多数搭載している。スマートフォンやタブレット、PCなどの2つのデバイスとの同時接続に対応し、シームレスな切り替えが可能。PCとスマートフォンの両方に接続しておくことで、スマートフォンで音楽を聴いている最中にPCでオンライン会議を始めても、慌ててペアリング先を切り替える必要がない。

イヤホン本体はスワイプ・プレス・ピンチといった操作に対応。音量調節や着信への応答、曲送りなどを直感的に操作できるという。

HUAWEI AI Lifeアプリをインストールすれば、耳に最も適したサイズのイヤーチップを選べるイヤーチップ適合テストも利用可能だ。シリコン製のイヤーチップは、3サイズが同梱される。

ケースによる充電を組み合わせることで、最大30時間の音楽再生が可能。イヤホン単体の場合、アクティブノイズキャンセリング有効時は約4.5時間、通常時は約7時間の連続再生が可能。もちろん、ケースはワイヤレス充電に対応している、

カラーバリエーションは、シルバーフロスト・セラミックホワイト・カーボンブラックの3色。

「FreeBuds Pro」は、執筆時点で予約受付が開始されており、11月20日に発売される予定。市場想定価格は22,800円だ。

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました