【注目】楽天モバイル、MNPで15,000ポイント還元中

au版Galaxy S10(SCV41) / S10+(SCV42)にセキュリティパッチ更新(2020年11月)のアップデートがリリース

auがサムスンGalaxy S10(SCV41)とGalaxy S10+(SCV42)向けにセキュリティパッチ更新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

アップデート開始日は2020年11月17日とされており、対象端末には順次アップデートの通知が表示されるはずだ。

アップデートファイルサイズは、端末本体によるアップデートの場合は約210MB、PCによるアップデートの場合は約4.7GB。更新時間は端末本体によるアップデートの場合は約10分、PCによるアップデートの場合は約45分。

スポンサーリンク

Galaxy S10(SCV41) / S10+(SCV42)のセキュリティパッチが2020年11月に更新

本アップデートの対象端末はGalaxy S10(SCV41)とGalaxy S10+(SCV42)の2モデル。本アップデートを適用するためには、事前に各端末を最新のAndroid 10にアップデートしておく必要がある。

ちなみに、前回Galaxy S10(SCV41)とGalaxy S10+(SCV42)にアップデートがリリースされたのは2020年9月17日。ちょうど2か月ぶりのアップデートとなる。

本アップデートは、セキュリティパッチの更新を目的としたマイナーアップデート。適用後のAndroidのセキュリティパッチは2020年11月となる。

アップデート後のビルド番号(ソフトウエアバージョン)は、それぞれ以下の通り。

ビルド番号
  • Galaxy S10(SCV41):QP1A.190711.020.SCV41KDS1BTJ1
  • Galaxy S10+(SCV42):QP1A.190711.020.SCV42KDS1BTJ1

現在のソフトウェアバージョンはホーム画面から「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」と進むと確認可能だ。

なお、国内のGalaxyスマートフォンのアップデート状況は以下にまとめてあるので、参考にしていただきたい。
関連Galaxyスマートフォンのアップデート状況

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット、テニス、料理、スターウォーズなど。ペンギンも大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届け。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました