Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー動画公開!

「Anker PowerCore Fusion 10000」「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」が1月26日発売

アンカー・ジャパン株式会社は1月26日、USB急速充電器とモバイルバッテリーの一体型モデル「PowerCore Fusion 10000」と大容量モバイルバッテリー「PowerCore Slim 10000 PD 20W」を同日に発売したことを発表した。

価格は「PowerCore Fusion 10000」が4,790円、「PowerCore Slim 10000 PD 20W」が3,192円。Anker Japan公式サイトのほか、Amazon楽天で購入可能だ。

スポンサーリンク

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000

「Anker PowerCore Fusion 10000」は、USB急速充電器とモバイルバッテリーが一体となったPowerCore Fusionシリーズの最上位モデル。自宅では急速充電器として、外出先ではモバイルバッテリーとしてなど、臨機応変な運用が可能な人気シリーズの最新モデルだ。

USB-AとUSB-Cポートをそれぞれ1基ずつ搭載。USB-Cポートは、5V=3Aまたは9V=2.22A、USB-Aポートは5V=2.4Aに対応。USB-Cポート単体の充電時には最大20W、両ポート同時使用時には合計最大15Wの出力が可能だ。

Anker独自のPowerIQ 3.0により、幅広い機器へ最適な出力でのフルスピード充電ができる。例えばApple最新のiPhone 12シリーズを0%から30分充電する場合は、一般的な5W出力の充電器に比べ最大3倍速く充電できるという。もちろん、クアルコムのQuick Chargeにも互換性があるため、Androidスマートフォンの急速充電も可能だ。

本体には電源ボタンが搭載されており、2回押す、または2秒間長押しすると低電流モードに切り替わる。イヤホンやスマートウォッチなどの入力電流が低い製品には低電流モードでの充電が推奨されているので注意が必要だ。低電力モード時には、本体のLEDインジケーターのひとつが緑色に点灯する。

容量は9700mAh。iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回、Pixel 5を1回以上満充電にできる。なお、USB-Cポートは出力専用であり、モバイルバッテリーとしての本体への入力にはコンセントが推奨されている。

「Anker PowerCore Fusion 10000」の価格は4,790円だ。

PowerCore Slim 10000 PD 20W

PowerCore Slim 10000 PD 20W

「PowerCore Slim 10000 PD 20W」は、スマートフォンと重ねて持てる薄型設計が魅力のモバイルバッテリー。約1.5cmの超薄型設計なので、スマートフォンと一緒に持ち運びやすいのはもちろん、カバンやポケットにも収まりやすい。

搭載しているポートは、USB-AとUSB-Cが各1基。USB-Aは、独自のPowerIQに対応し最大12Wの出力、USB-CポートはUSB PDに対応し最大20Wの出力でデバイスを充電できる。

「Anker PowerCore Fusion 10000」同様に、20Wの出力によりiPhone 12シリーズを一般的な5W出力の充電器に比べ最大3倍速く充電可能

本体には独自の多重保護システムが搭載されているので、長時間安心して使えるという。容量は、iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回、iPad mini 5を1回以上充電できる10000mAhだ。

「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」の価格は3,192円。

関連Anker、「Soundcore Liberty Air 2 Pro」「Soundcore Life A2 NC」同時発売。独自ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました