Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー動画公開!

ソフトバンク、LTE周波数帯700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯を利用した5Gサービスを2月15日から順次提供開始

ソフトバンク株式会社は2月15日、現在LTE周波数帯として利用中の700MHz帯・1.7GHz帯・3.4GHz帯を利用した5Gサービスの提供を2月15日から順次開始することを発表した。

ソフトバンクがこれまで提供していた5G通信サービスは、3.7GHz帯および28GHz帯。2月15日以降は、ここに700MHz帯・1.7GHz帯・3.4GHz帯が加わり、サービスが拡大される。

スポンサーリンク

ソフトバンクでLTE周波数帯700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯を 利用した5Gサービスがスタート

ソフトバンクでは2月15日以降、LTE周波数帯として利用中の700MHz帯・1.7GHz帯・3.4GHz帯を利用した5Gサービスが提供開始される。

同5Gサービスは、5G対応機種のソフトウェアアップデートを実施することで利用可能となる。対応機種、および利用可能な周波数帯とソフトウェアアップデートの提供予定時期は以下の通りだ。

機種名3.7GHz帯28GHz帯700MHz帯1.7GHz帯3.4GHz帯ソフトウエア
アップデート
時期
Xperia 5 II2月15日
AQUOS sense5G2月18日
AQUOS R5G3月以降
LG V60 ThinQ 5G時期未定3月以降
AQUOS zero5G basic4月以降順次
OPPO Reno3 5G4月以降順次
Pocket WiFi 5G A004ZT4月以降順次
Google Pixel 4a (5G)4月以降順次
Google Pixel 54月以降順次
Redmi Note 9T4月以降順次
iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Max順次対応予定
iPhone 12・iPhone 12 mini順次対応予定

Xperia 5 IIが最も早く本日2月15日から、その後2月18日のAQUOS sense5Gにもアップデートが提供される。

なお、ソフトバンクによると上記の既存のLTE周波数帯を利用した5Gの通信速度は、SoftBank 4GまたはSoftBank 4G LTEと同等となるとのことだ

ソフトバンクは、今後さらに増加するトラフィックに対応し、世界最高レベルの5Gネットワークを早期に構築していくという。2021年度末には約5万局、2025年ごろには約20万局の基地局を展開する計画だ。

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました